ミノキシジルで薄毛対策!ロゲインやタブレットのおすすめ育毛剤、通販での購入方法をご紹介!

育毛剤ミノキシジルの効果で薄毛からフサフサ髪へ!

育毛剤ミノキシジルの効果で薄毛からフサフサ髪へ!

男性のコンプレックスにはいくつか思い浮かぶものがあると思いますが1、2を争うほどなりたくないのが「薄毛」ではないでしょうか?その原因となるのが「AGA」という男性のみが発症する脱毛症で、特徴はゆっくりではあるものの、確実に抜け毛が増えていき、気付いた時には前頭部(生え際)や頭頂部が薄くなっているなんて事も!

そこで薄毛対策を立てて抜け毛に備えなければなりません。最もポピュラーな方法は育毛剤の使用ではないでしょうか?数えればキリが無い程たくさんの製品がありますが、最も期待出来る成分として挙げられるのがミノキシジルです。その効果は血管を拡張し、血流を活発化させる事で頭皮へより多くの栄養を届け、髪の成長を促します。

AGAにより弱っていた髪が黒く、太く、長く、ツヤのある強い状態へ戻り、次第にスカスカだった頭皮も見違えるので、育毛は大成功となります。薄毛対策には断然ミノキシジル配合の育毛剤をおすすめ致します。残念ながら即効性はありませんので、しばらく時間を要しますが、毎日続けていくと先述のように強い髪を取り戻す事が出来るでしょう。

よく思い返すと、多くの育毛剤は発毛に関しては強く主張していませんよね?しかしミノキシジルには数々のデータがあります!厚生労働省よりも基準が厳しいと言われる、アメリカの機関FDA(アメリカ食品医薬品局)もその効果を認めている程。つまり正しい薄毛改善方法として、ミノキシジルを使うのが大前提なのです!

前置きが長くなりましたが、当サイトはミノキシジルを使って薄毛改善をしていく方法を始め、プロペシアやザガーロといった育毛剤にも迫っていきます!それぞれの効果、副作用、使い方、購入方法や、その他にも色々な方向から薄毛対策をご提案!ぜひ参考にしていただき、フサフサの髪を取り戻して下さい!

ミノキシジルで発毛促進・薄毛対策

ミノキシジルで発毛促進・薄毛対策

なぜAGAは男性にのみ発症するのか?その理由はずばり、男性ホルモンです。いくつか種類がありますがその中の1つ、「テストステロン」が深く関係しています。とは言いましてもテストステロン自体には抜け毛を増やすような力はありません。「5αリダクターゼ」と呼ばれる酵素により「DHT(ジヒドロテストステロン)」に変換されてしまうと、抜け毛を増やす力を持ってしまいます。このホルモンが増える事でAGAを発症してしまうのです。

DHTが増えるとヘアサイクル(毛周期とも)が乱されてしまい、その中で最も長い期間を要する成長期が極端に短くなってしまいます。通常であれば6年程度の期間なのですが、AGAを発症すると1年程度で成長期が終わってしまうため、すぐに次の段階である退行期へ移行するのです。

退行期はその状態を維持する期間で、髪が伸びる事はありません。そこから2~3週間で休止期という段階に移行し、あとは抜け落ちてしまうのを待つのみの状態へ。AGAを発症すると抜け毛の方が多くなり、髪の生成が追いつかず発毛自体も少なくります。その結果薄毛という形で現れてしまうのです。しかもAGAは進行性のため、何も対策を立てなければ進行してしまいます

何も対策を立てない(つまり放置した状態)、効果が実証されていない育毛剤を使う、といった間違った対策を選んでしまうと二度と髪が生えてこないという取り返しの付かない事態を招く可能性も!

そこでミノキシジルの使用が推奨されるのです。AGAを発症したことで細くなってしまった髪を再び強くしてくれます。さらに毛包を刺激して発毛をも促す作用も持っているので、薄毛改善には欠かせないのです。

ミノキシジルは抜け毛予防の効果もありますが、あまり特化しておりません。抜け毛も同時に減らしたいのであればプロペシアもしくはザガーロの併用をおすすめします。ふたつの薬は5αリダクターゼの働きを抑える作用を持っており、DHTの過剰な生成を防いでくれます。ミノキシジルで発毛促進・薄毛対策を行うならば合わせて使っていきましょう。

育毛剤ミノキシジルの効果について

育毛剤ミノキシジルの効果について

元々は高血圧の治療に使う薬として1960年代に開発されました。その後多くの使用者から発毛効果があるという報告があり、開発・研究が行われて1980年代にあの有名な「ロゲイン」が誕生するのです。元祖ミノキシジル育毛剤ともいえる存在で、今現在も人気の高い商品として愛されています。。

では本題に入りまして、ミノキシジルが持つ効果を説明して参りましょう。とは言いましても実は未だ詳しい作用機序は判明していません。どのような経緯で育毛に作用するのか分かっていないのです。ただ最も有力な説が、頭皮の毛細血管を拡張し、血流が活発になることで育毛に必要な栄養が多く届きます。それにより毛包も刺激され活性化。AGAにより細くなってしまった髪を再び太く、そして新しい髪を作り出すのです。

皆さんも御存知の通り、数多く育毛剤は販売されていますがその中で発毛を促進させる効果を持つのはミノキシジルのみ。厚生労働省、FDA(アメリカの機関)にもその効果は認められいる確かな成分です。しかもただ血管拡張作用を有するだけでは育毛・発毛は見られないと言うので、ミノキシジルには特有の何かがあるのでは?と言われています。他の育毛剤ではなく「ミノキシジルでなければ髪を増やせない」、と覚えておきましょう。

しかしその効果を実感するためには時間がかかります。ミノキシジルに即効性は無く、髪の成長には最低でも半年は毎日続けていかなければなりません。なので効果が見えてこないと思い、使用を中断すると結局元の状態に戻ってしまい再びAGAによる薄毛が進行してしまいます。時間、あるいは育毛剤を購入した代金も無駄になってしまうのでまずは半年間続ける事を目標に頑張りましょう。

たださらに長い期間の使用もすすめられており、1年継続していただいた方がより高い確率で効果を実感出来るようです。外用であれば1日2回(朝と夜がおすすめ)、ミノキシジルタブレットであれば1日の上限が10mgでこれも1~2回服用とそこまで難しいわけでは無いですが何よりも継続は辛いと思います。諦めない気持ちも非常に大事なのです。強い気持ちを持ち、薄毛の改善をしていきましょう。

初期脱毛は効果の証

ミノキシジルを使っているとしばらく経過してから脱毛の量が今までより多く感じてしまうかもしれません。このように初期に多く脱毛することを初期脱毛と呼びます。皆さんに起こることなので、初期脱毛を気にする必要はありません。実際に初期脱毛を起こしている感も髪の毛は増えています。なぜ初期脱毛が起こるかというと、ヘアサイクルの1つである休止期になっている髪が抜けていくためです。また抜けていくことは実は新しい髪が生えてき始めているという証拠にもなり、どんどん抜け落ちていきます。

使い始めてから1~2ヶ月ほど続くため「体に合っていないのではないか?」「副作用なのではないか?」と不安に思われるかもしれませんが大丈夫です。ただその量が多いため不安になるのも分かりますし、それにより一時的な薄毛が進行していることにとらわれてしまうかもしれませんがしばらくすると、ミノキシジルの効果によって頭皮に産毛が多く確認される事でしょう。それまで不安ではなく、「生まれ変われるんだ!」という逆転の発想を持ち楽しみにしていると気持ちも楽になるのではないでしょうか?

ただ初期脱毛が目安である2ヶ月以降も続いた場合、医療機関へ行くことをおすすめします。もしかすると体質に合っていないかもしれないため。その後問題が無く医師からも許可が出れば再び使用していきましょう。

プロペシア、ザガーロとの併用で効果アップ

ミノキシジルは育毛と発毛を促す効果を持つ最強の育毛剤ですが、これまで何回か触れたようにAGAの原因になる男性ホルモン(DHT)を抑制する事は出来ません。そこでその作用を持つプロペシア、またはザガーロと併用する事で相乗効果を見込め、より薄毛の改善が可能となります。

その理由はそれぞれの有効成分が5αリダクターゼの働きを抑えるため。この物質がテストステロン(男性ホルモン)をDHTに代謝してしまうため、過剰に増えてしまうとAGAを発症し徐々に薄毛が進行していくのです。DHTの生成が少なくなれば抜け毛が減り、ミノキシジルの効果で生えてきた髪が抜けづらくなるので、より効果を実感出来ることでしょう。

しかしプロペシアとザガーロには違いがあります。「どの部分が薄毛として目立つのか?」の違いで使い分ける必要があるのです。一般的にはプロペシアのほうが有名ですし多くの愛用者がいますが、これからさらにザガーロも台頭してくることでしょう。それではどのような違いがあるかを簡単に説明して参ります。

プロペシアについて

プロペシアについて

プロペシアはAGA治療薬のパイオニアとして非常に有名です。AGAによる抜け毛を減らし薄毛を予防する事が出来ます。有効成分のフィナステリドが5αリダクターゼを阻害し、AGAの発症リスクを抑えるのです。特に前頭部や頭頂部の薄毛に効果があると言われ、これまで多くの男性を救ってきました。

さらにミノキシジルと一緒に使う事で育毛効果が高まります。プロペシアにも育毛効果はありますがさほどその作用は強くありません。一方、ミノキシジルは5αリダクターゼを阻害する作用が無く、抜け毛の量を減らすには単体の使用では厳しいでしょう。そのため併用する事で互いの長所と短所を補え、薄毛対策として理想的な効果をもたらします。プロペシアを使われる時際にはぜひミノキシジルも使いましょう。

ザガーロについて

ザガーロについて

ザガーロもプロペシアと同じく5αリダクターゼ阻害薬であり、1型・2型どちらの5αリダクターゼも抑えられるので、プロペシアよりも効果が高いと言われています。1型が関係する側頭部と後頭部の薄毛はザガーロを使わなければ改善が見込めません。そして2型も抑える事ができ、前頭部と頭頂部の薄毛の改善にも使えます。しかもプロペシアの3倍ほどその作用が高く、さらに発毛効果は1.6倍も高いのだとか。そのためいずれAGA治療薬の主流はザガーロに置き換わるのではないでしょうか?

まだ確かな研究結果は無いものの、ミノキシジルとの併用も行って構いません。ザガーロは発毛効果にも期待出来るとはいえ、ヘアサイクルの乱れを止めるだけでは発毛はままなりません。頭皮の血行不良・栄養不足もAGAの原因です。そのため血管拡張作用を持つミノキシジルを使い、より薄毛改善の質を高めていく必要があります。

育毛剤ミノキシジルの形状について

育毛剤ミノキシジルの形状について

ミノキシジル配合の育毛剤にはふたつの形状があり、好みによって使い分ける事が可能です。これまでにいくつかの項目で記述しているためお分かりかと思いますが「外用(塗り薬)」と「内服タイプ(タブレット)」のふたつが該当します。

外用薬はロゲイン、ツゲイン、リアップx5プラスなどが知られており液状(ローションタイプ)だけではなく、泡状やスプレータイプなどもありバリエーションに富んでいます。一方、内服タイプに関してはミノキシジルタブレット(ミノタブ)のみです。

内服タイプのミノキシジルタブレットは、開発当初から使用されていた形状で高血圧治療に使われていました。また外用薬よりも効果の高さが知られており、AGAが進行してしまった方におすすめ出来ます。実はミノキシジルは外部からの吸収率が低いと言われているのですが、内服タイプの場合は体内から効果を発揮するため非常に強く現れます。ただし副作用が出やすいというデメリットもあるようです。

それではそれぞれの特徴と、良く知られている製品についてご紹介をして参りましょう。購入の参考にもなればと思っております。同じミノキシジルの育毛剤ですが、濃度の違いや実際の相性などもあるため効き目が違うかもしれません。

外用薬(塗り薬)とは?

ミノキシジルを含んだ液体、泡、クリームなどいくつかの形状がありますが、それを直接頭皮に塗り育毛していきます。使い方は簡単ですが、実際の塗り方やミノキシジルの濃度によっては多少の差が出るかもしれませんので、適当にせずしっかりと行うようにしましょう。

まず大前提として頭皮を清潔にした状態で塗らなければなりません。そして「髪」ではなく「頭皮」に塗っていくことが大事です。その後は必ず自然乾燥させること。ドライヤーで乾かしては駄目ですよ!それにより次第にミノキシジルが浸透していき効果を発揮していくのです。

有名な製品として、国内で唯一販売されているリアップx5プラスや、元祖育毛剤とも言えるロゲイン。さらにジェネリックも多数販売されています。気になる製品についてはこれよりご紹介致します。

抜群の知名度を誇るロゲイン

ロゲイン

最初はファイザー製薬が販売していた外用薬です。ミノキシジルを配合した最初の育毛剤なので、「元祖育毛剤」と言ってもいいのではないでしょうか?ちなみに現在はジョンソン・エンド・ジョンソンの傘下企業であるマクニール社より販売されています。

ロゲインは液状、泡状がありどちらも効果に差はありません。ミノキシジルの濃度は2%や5%があり男女ともに使用出来ます。昨今は女性の抜け毛も非常に多いようですので女性用のロゲインを使い対処していきましょう。

圧倒的な知名度を誇るロゲインですが実は国内では購入する事が出来ません。実際使うためには「海外医薬品を扱う通販サイト」を利用する必要があります。海外と言ってもスマートフォンやパソコンを利用して行う、いわゆるショッピングサイトとなんら変わりありません。またこれからご紹介するリアップx5プラスよりも安価に購入出来るので、薄毛改善が続けやすいという利点があります。

ロゲインのジェネリック、ツゲイン

元祖育毛剤として知られるロゲインのジェネリックに当たるのがこのツゲイン。さらに安い価格で購入でき、ロゲインとともに人気の高い育毛剤です。それは価格だけではなく、しっかりとした効果も持ち合わせています。

その理由としてミノキシジル濃度が2%、5%、10%であり、男女ともに使用出来るため。中でも特筆すべきはミノキシジル濃度10%のタイプ!ロゲインの2倍もミノキシジルを配合しています。育毛剤は濃度が高ければより効果がアップするとも言われているので、ロゲインで満足出来ない方はツゲインを選ばれると良いでしょう。

     

多くのラインナップが揃っているポラリス

ポラリスは正確に言えばロゲインのジェネリックではありません。どちらかと言えば最近発売された育毛剤で、「最先端の技術を使っている」事を売りにしています。その特徴としてどの育毛剤よりもラインナップが多いので、知らないまま購入をしようと思うと、何がなんだか分からなくなる可能性も。

ポラリスの製品に共通しているのは最初にNRが付き、その後○○と数字が入ります。ロゲインと同じミノキシジルを5%配合しているのがNR-07。少し多い7%配合のNR-08がスタンダードなタイプでしょう。その他には10%以上配合されていたり、プラスアルファとしてフィナステリド(プロペシアの有効成分)配合の製品もあるので、どれが好みであるか?十分吟味の上使ってみて下さい。

ミノキシジルタブレット(内服薬)とは?

内服薬とは?

ミノキシジルタブレットは略してミノタブとも呼ばれている内服薬タイプの育毛剤です。体内から作用するので外用薬と比べると格段に育毛・発毛効果を実感出来ます。AGAの進行でかなり頭皮がスカスカな状態であったり、そこまで進行はしていないけど、薄毛改善をより一層早くされたい方におすすめです。

その一方で副作用も強く、使用の際はリスクがあることを十分理解する必要があります。頭皮だけではなく全身の血管を拡張してしまうため、体毛が濃くなる多毛症が多くの方に見られるでしょう。心臓への影響もあり動悸や狭心症も報告されています。

メリット、デメリットがはっきりしているミノキシジルタブレットはいくつものメーカーから販売されており、選ばれる際に悩んでしまうかもしれません。そこで、有名なものや実用性の高いもの(コスパの良さなど)を少しずつですがご紹介致します。ぜひ参考にしてみて下さい!

最も有名なロニテン

ロニテン

世界的メーカーであるファイザー製薬から販売されているロニテン。最も有名なミノキシジルタブレットです。降圧剤(血圧を下げる薬)として使われていましたが、全身の毛が濃くなるという報告が相次ぎ育毛剤のロゲイン開発に繋がったのです。もちろんロニテンも育毛剤として使えますし、しかも効果はロゲインよりも高いので続けるとフサフサの髪が戻るでしょう。

とはいえ国内では承認されていません。さらに言えば処方してくれる医療機関もあまり無いと思います。探すのがちょっと大変かも?このような時こそ通販(あるいは個人輸入)の出番ですが、メリットである価格差もそこまでではなく、どちらの入手方法も費用は高くつくでしょう(とはいえ100錠入りなのですが)。しかし絶大なブランド力は未だ存在感を残しています。

人気のノキシジル

ノキシジル

ロニテンは医療機関と通販どちらでも入手出来るのですが、価格がとても高く購入に躊躇してしまうでしょう。しかし通販ではロニテンのジェネリックが販売されており、価格面と使いやすさからこれらが主流となっています。

その中でとても人気なのが「ノキシジル」。タイに本社を置くT.O.MEDという美容グッズに定評のあるメーカーから販売されています。タイプは5mg錠、10mg錠でどちらも100錠入りとロニテンと同じスペックです。しかし半額以下の3600円(5mg錠)で購入出来る明確な違いが分かるでしょう。

また数量の多い方を注文すると(200錠、300錠入り)1箱あたりがとても安くなるので続けられる方はこちらを選んでみましょう!そしてプロペシアジェネリックのフィンペシアと併用すると非常にコスパの高い薄毛改善が行えます。かなりおすすめの方法なのでぜひとも試していただきたいです。

ミノキシジルによる副作用

ミノキシジルによる副作用

ミノキシジルには副作用もあるので注意が必要です。育毛剤の形状としてふたつありますからそれぞれを見ていきましょう。外用薬の場合はアレルギー反応により頭皮にかぶれやかゆみが出る事があります。ただ比較的軽度な症状なので深刻な事態に発展する事はそこまで無いといえるでしょう。

一方ミノキシジルタブレットを使い薄毛改善をされている方は気を付けましょう。体の中から作用するので副作用に関してもダイレクトに出てきます。中でも多毛症、血圧の低下、心臓への負担などの報告が多いようです。こういった副作用は外用薬で薄毛改善をされている場合にはあまり見られないでしょう。もし異変を感じたらすぐに医療機関へ行き、適切な処置を行って下さい。

それではミノキシジルの使用で起きてしまう副作用について説明を行います。どの形状で起きるのか?細かくなってしまいますが、あらかじめ知ることでいち早く対処出来ると思います。「副作用はこんな事が起きる」というのを覚え万が一に備えておきましょう。

低血圧の方はミノキシジルの使用にご注意

ミノキシジルは血管拡張作用により育毛と発毛を促す成分です。血管が拡がるということは血圧が下がるということなので、低血圧の方は使用する際には注意をして下さい。過度に血圧が下がってしまい、頭痛や吐き気をもよおしてしまう事があります。血圧の低下が続けば体の機能も低下する事があるので気にせずに使用していると重篤な副作用に発展する恐れもあります。

どちらの形状でも血圧低下は起きるようですが、ミノキシジルタブレットの方がやはり発現は多いようです。まずは自身の血圧を把握してから使われた方が良いでしょう。不安があれば最初は外用薬を使ってみて下さい。副作用の発現がかなり少ないためです。

【外用薬】頭皮のかぶれやかゆみ

先述したように外用薬は副作用の発現が少ないです。しかし「頭皮に直接付ける」ことから、肌トラブルが起きてしまう可能性があります。かゆみやかぶれといった炎症が起きてしまうのです。ミノキシジルの濃度が高いほど起きやすくなるようなので、まずは一般的な5%から使用されると良いでしょう。

またミノキシジルによるアレルギー反応だけではなく、外用薬に含まれている添加物でも起きる可能性があります。アルコールやプロピレングリコールにより発症するのですが、ほぼ全ての外用薬に使われているので避けることは難しいです。特に海外製品の場合、添加物を見る際には注意をして下さい。

【ミノキシジルタブレット】多毛症で全身の毛が濃くなる

ミノキシジルタブレットによる副作用は多毛症の報告が多いです。外用薬と違い、全身の血管を拡張するわけなので頭部だけではなく、全身にその作用が起きてしまいます。こちらも個人差はありますが、本当に毛深くなったり、あるいは目立つ程度など差はあるようです。

全く気にならない方も中にはいらっしゃると思いますが、体毛が濃くなるのはちょっと・・・と思われる方は外用薬を使われた方が良いでしょう。ちなみに多毛症はあらゆる部位に見られます。髭・腕・脇・胸・すねであったり、珍しい部位としては手足の指にも生えてくるようです。

ミノキシジルタブレットの使用を止めると多毛症もおさまるといいますが、それと同時に頭皮の育毛・発毛にも影響が出る可能性があります。せっかく生えてきた髪がまた抜けるのはなんとも言い難い悔しさがこみ上げてくるはず。なので多毛症はあらかじめ覚悟しておいた方が精神的にも楽になるでしょう!

【ミノキシジルタブレット】心臓への影響

最も気を付けなければならない副作用として心臓への影響が挙げられています。動物実験で確認されたそうで、水分が溜まることによって起きるそうです。しかしご安心下さい。それを解決する方法あります。ミノキシジルタブレット+利尿剤という組み合わせで解決が可能なのです。

これは医師からもそのようにするべきとブログ、または記事があるのでインターネットで検索してみるとすぐに分かるはず。私もこの組み合わせは意外だと思いました。特に海外ではロニテン(元祖ミノキシジルタブレット)と利尿剤の組み合わせはごく当たり前に行われているようです。ミノキシジルタブレットを使い育毛されている方で心臓への影響を心配されるのであれば、絶対に利尿剤と併用する事をおすすめ致します。

副作用として懸念される心臓への負担(動悸や息切れ)やむくみは、ラシックスを服用することで得られる効果(頻繁に尿を排出する)でかなり軽減が出来るのです。1錠だけで約4~5時間くらいは続きます。利尿剤の中でも強い部類になるので、使用タイミングは休みの日、仕事に支障が無い方は仕事中に服用して下さい。もしも夜に飲んだ場合、尿意で眠れなくなります。

ラシックスの併用でリスクが低下!

ラシックスの併用でリスクが低下!

私の場合はお酒を飲んだ次の日にむくんでしまうことがあるので(もう30後半ですからね)、それを改善したい時たまに使うのですが本当にすごいですよ。20分間隔でトイレへ行きたくなりますので。効いている間は結構往復をしなければならないので端から見ると変に見られるかもしれません。それくらい尿意が湧き出てきます。しかし効果が切れてしばらくするととても体が軽いのです。

そういう意味合いでなんとなくミノキシジルタブレットとラシックスの組み合わせの意味が分かるような気がします。相当スッキリしますからね。ただ当然ながら水分がかなり出ていきますのでその後は十分な補給をして下さい。またカリウムもかなり排出されます。サプリなどで補給してあげましょう。ラシックスの購入方法は通販だととても安いので便利ですよ。

医療機関でもらおうと思った場合、本来の高血圧治療ではないためまず処方されない可能性が高いと思います。美容クリニックだと処方してもらえる場合があるかもしれませんが結構値が張ると思います。一番簡単かつ安く手に入れたいなら通販しかありえません。ミノキシジルタブレットと一緒に買えますので、もし一緒に使うのであればまとめて購入してしまいましょう!

ミノキシジル製品の購入は通販がおすすめ

ミノキシジル製品の購入は通販がおすすめ

ロゲインやそのジェネリック、ミノキシジルタブレットでそれぞれご説明をしましたが改めて。ミノキシジル製品は海外医薬品の通販で購入するのが特におすすめです。その理由はこれまでご紹介したように多くのラインナップがあることと、そして価格が安いため。国内で購入出来るミノキシジル配合の育毛剤はリアップのみですがかなり価格が高いため、毎月の購入が厳しいと感じる方も多いことでしょう。

「それで薄毛が改善出来るなら安いものだ」と思われる方もいらっしゃるでしょうが、多くの方はもう少し安ければと思われている方の方がきっと多いはず。その点通販であればリアップよりも安い製品がたくさん販売されています。逆に迷ってしまうこともあるかもしれませんがそれほど魅力的なラインナップが揃っているといえます。

相性の良いプロペシアやザガーロも購入出来る

またプロペシアやザガーロなど相性の良い薬も購入出来るので合わせて注文することも可能です。これらについては処方箋医薬品のため医療機関へ行かなくては手に入れられませんが、通販であれば個人輸入であるため処方箋が無くても購入する事が出来ます。しかも医療機関で処方されるよりも安く販売されており、さらに費用を抑えたいのであればジェネリックの選択も可能なのです。

ロゲインのジェネリック、ミノキシジルタブレット同様非常に安価なので、合わせて購入すればかなりお得だと思います。それこそ医療機関へ行き先発薬をもらう。その後薬局で育毛剤を購入する。結構な費用が発生しますので節約しつつも薄毛を改善していきたいのであれば断然通販が良いでしょう。薄毛対策としてこれほど良い方法はありません。

通販の購入方法レクチャー

通販で実際にミノキシジル製品を購入するにはどうすればいいか?と分からない方がいらっしゃると思いますがとても簡単です。特に通販サイトを日常的に利用されている方ならばすぐに行なえます。慣れていない方でも1回購入すれば次回から迷わずに行えるはず。ここでは慣れていない方へのレクチャーとして簡単にご説明を致します。

1.製品の選択

まず購入するためには製品を見つけ出さなくてはいけませんよね?どの通販でもだいたい一番上、もしくは両サイドに検索窓があります。「ミノキシジル」と打てば関連する商品が検索されますので購入しようと思う製品か、一度説明を読みたいのであれば各製品をクリックして詳細ページへいきます。

2.実際に購入

欲しい製品が決まったらページ内にある「購入する」というリンクをクリックします。すると購入ページへ移動しますので自身のh\情報を入力していきましょう。特に間違えやすいのが郵便番号。海外から発送されるので正確に入力しなければ、現地へ送り返されてしまいます。

また家族がいる場合に知られたくないからと言って配送先を職場にすると、これもまた税関の検査が通らない事があるため、最寄りの郵便局の住所を記入しましょう。購入が完了すると発送番号が通知されるのでそれをホームページで調べると現在どの位置にあるかが分かります。

支払はクレジットカードか銀行振込です。完了しなければいつまで経っても発送されず、しばらく経つとキャンセル扱いになってしまうので注意をして下さい。代引きを希望する場合は扱っている通販サイトもありますがとても少ないです。どちらか2つの支払方法が主流ですので、対応する方法を用意しておきましょう。

3.製品の発送、到着

発送は国内のショッピングサイトのように即日配達、翌日配達といったように迅速ではありません。10~14日は見ておく必要があります。先に触れましたが海外から発送されるため時間がかかってしまうのです。通販のデメリットは到着が遅いという事が良く挙げられます。

しかしこの部分に関しては避けられないため寛容な心で到着を待ちましょう。通販に慣れている方であればある程度の到着日時を予想して早めに注文をするそうです。リピートされるのであればこんな購入の仕方もありますので試してみてはいかがでしょうか?より効率よく通販を活用していきましょう。

育毛剤ミノキシジルで薄毛対策(まとめ)

育毛剤ミノキシジルで薄毛対策

ミノキシジルは非常に優れた薄毛の改善策です。ミノキシジルで薄毛対策をする場合、塗り薬(外用薬)かタブレット(飲み薬)のどちらかで行います。効果の高い形状はタブレットの方ですが副作用が強く出やすいというデメリットもあるのでAGAによる薄毛が深刻である場合の方がおすすめです。様子見としてはロゲインなどの塗り薬で様子見をする方が良いでしょう。ただ育毛剤としてしっかりと薄毛の改善が出来るので心配はいりません。

これらミノキシジル含有の育毛剤を購入するのであれば通販を使うのが最も効率的です。費用の節約が出来ますし、併用することでより効果が高まるプロペシアやザガーロも購入出来るため。薄毛対策は医療機関へ行かなくても通販を使えば簡単に出来るのです。最後にもう一度いいますがAGAは進行性のため、治療を行わなければ薄毛どころかハゲ頭になってしまいます。

AGA特有の弱々しい細い毛も生えてこなくなりきっと後悔するはずです。気にならなければそれで良いのですが、その時に薄毛コンプレックスになったとしても時既に遅しです。そんな悲しい思いをする前に「ミノキシジルで薄毛対策」をして強く健康な髪を再び取り戻していきましょう!