ミノキシジルで薄毛対策!ロゲインやタブレットのおすすめ育毛剤、通販での購入方法をご紹介!

育毛剤ミノキシジルの効果で薄毛からフサフサ髪へ!

育毛剤ミノキシジルの効果で薄毛からフサフサ髪へ!

男性のコンプレックスにはいくつか思い浮かぶものがあると思いますが1、2を争うほどなりたくないのが「薄毛」ではないでしょうか?その原因となるのが「AGA」という男性のみが発症する脱毛症で、特徴はゆっくりではあるものの、確実に抜け毛が増えていき、気付いた時には前頭部(生え際)や頭頂部が薄くなっているなんて事も!

その時点で手を打てば改善の余地はありますが、そのまま放置という最も選んではならない方法を選んでしまうと、産毛すら生えてこなくなるハゲ頭になってしまうでしょう。しかも薄毛の部位は広がっていくので、頭部の半分以上がハゲるという悲惨な状況になる可能性も。

そこで薄毛対策を立て、抜け毛に備えなければなりません。最もポピュラーな方法は育毛剤の使用ではないでしょうか?数えればキリが無い程たくさんの製品がありますが、最も期待出来る成分として挙げられるのがミノキシジルです。その効果は血管を拡張し、血流を活発化させる事で頭皮へより多くの栄養を届け、髪の成長を促します。

AGAにより弱っていた髪が黒く、太く、長く、ツヤのある強い状態へ戻り、次第にスカスカだった頭皮も見違えるので、育毛は大成功となります。薄毛対策には断然ミノキシジル配合の育毛剤をおすすめ致します。残念ながら即効性はありませんので、しばらく時間を要しますが、毎日続けていくと先述のように強い髪を取り戻す事が出来るでしょう。

よく思い返すと、多くの育毛剤は発毛に関しては強く主張していませんよね?しかしミノキシジルには数々のデータがあります!厚生労働省よりも基準が厳しいと言われる、アメリカの機関FDA(アメリカ食品医薬品局)もその効果を認めている程なので、薄毛の改善を本気で考えるのであれば使うべきです。ちなみにミノキシジル配合の育毛剤には外用と錠剤、2つの形状があります。

外用はローション(液体)、泡、スプレータイプなどがあり、有名な製品も多いです。元祖育毛剤とも言えるロゲインや、国内であれば唯一ミノキシジルを配合しているリアップなど。 錠剤はミノキシジルタブレットという呼び方が一般的で、外用よりも効果が高いのが特徴です。より育毛の確実性を高めたいのであれば検討してみましょう。その反面、副作用も出やすいというリスクもあるので使用には注意をしなければなりません。

前置きが長くなりましたが、当サイトはミノキシジルを使って薄毛を改善していく方法を始め、プロペシアやザガーロといった育毛剤にも迫っていきます!それぞれの効果、副作用、使い方、購入方法や、その他にも色々な方向から薄毛対策をご提案!ぜひ参考にしていただき、フサフサの髪を取り戻して下さい!

ミノキシジルで発毛促進・薄毛対策

ミノキシジルで発毛促進・薄毛対策

なぜAGAは男性にのみ発症するのか?その理由はずばり、男性ホルモンです。いくつか種類がありますがその中の1つ、「テストステロン」が深く関係しています。とは言いましてもテストステロン自体には抜け毛を増やすような力はありません。「5αリダクターゼ」と呼ばれる酵素により「DHT(ジヒドロテストステロン)」に変換されてしまうと、抜け毛を増やす力を持ってしまいます。このホルモンが増える事でAGAを発症してしまうのです。

DHTが増えるとヘアサイクル(毛周期とも)が乱されてしまい、その中で最も長い期間を要する成長期が極端に短くなってしまいます。通常であれば6年程度の期間なのですが、AGAを発症すると1年程度で成長期が終わってしまうため、すぐに次の段階である退行期へ移行するのです。

退行期はその状態を維持する期間なので、髪が伸びる事はありません。そこから2~3週間で休止期という段階に移行し、あとは抜け落ちてしまうのを待つのみの状態へ。AGAを発症したら当然抜け毛の方が多くなるため、髪の生成が追いつかず発毛自体も少なくります。その結果薄毛という形で現れてしまうのです。しかもAGAは進行性のため、何も対策を立てなければ進行してしまいます。男性にとって非常に恐ろしい脱毛症なので、しっかりとその治療法は知っておかなければなりません。

その対策の1つがミノキシジルで、AGAにより細くなってしまった髪を再び強くする、毛包を刺激して発毛を促す、といった育毛と発毛にアプローチしてくれます。また冒頭で2種類の形状があるといいました。これは進行の度合いにより使い分ける事が出来るので一応目安にしてみて下さい。

一方ミノキシジルタブレットはAGAが割と進行してしまった方に向いています。外部よりも内部からの方が当然浸透しやすいので効果は強いです。ただし外用タイプとは違い、副作用も出やすいので注意をして下さい。低血圧の方はより血圧を下げてしまうことがあり、その他多毛症(全身の毛が濃くなる)が良く報告されています。

こういった側面はありますが、抜け落ちた髪はミノキシジル配合の育毛剤を使わなければ元には戻りません。AGA特有の短くて細い毛再び太くするためにも必要不可欠です。何も対策を立てない、効果が実証されていない育毛剤を使う、というような方法を選んでしまうとせっかくのチャンスから取り返しの付かない事態へ発展してしまいます。発毛促進・薄毛対策にはぜひとも使いましょう

しかしミノキシジルは抜け毛を防ぐ事にあまり特化していません。せっかく生えてきだした髪もすぐに抜けては意味がありませんよね?そこで5αリダクターゼ阻害薬を併用することで抜け毛も予防出来るのです。プロペシアとザガーロが当てはまり、その名称通り5αリダクターゼの働きを抑える作用を持っていますので、DHTの過剰な生成を防ぎます。ミノキシジルで発毛促進・薄毛対策を行うならば合わせて使っていきましょう。

育毛剤ミノキシジルの効果について

育毛剤ミノキシジルの効果について

元々は高血圧の治療に使う薬として1960年代に開発されました。その後多くの使用者から発毛効果があるという報告があり、開発・研究が行われて1980年代にあの有名な「ロゲイン」が誕生するのです。元祖ミノキシジル育毛剤ともいえる存在で、今現在も人気の高い商品として愛されています。ロゲインについては後程詳しい説明を致します。

では本題に入りまして、ミノキシジルが持つ効果を説明して参りましょう。とは言いましても実は未だ詳しい作用機序は判明していません。どのような経緯で育毛に作用するのか分かっていないのです。ただ最も有力な説が、頭皮の毛細血管を拡張し、血流が活発になることで育毛に必要な栄養が多く届きます。それにより毛包も刺激され活性化。AGAにより細くなってしまった髪を再び太く、そして新しい髪を作り出すのです。

皆さんも御存知の通り、数多く育毛剤は販売されていますがその中で発毛を促進させる効果を持つのはミノキシジルのみ。厚生労働省、FDA(アメリカの機関)にもその効果は認められいる確かな成分です。しかもただ血管拡張作用を有するだけでは育毛・発毛は見られないと言うので、ミノキシジルには特有の何かがあるのでは?と言われています。他の育毛剤ではなく「ミノキシジルでなければ髪を増やせない」、と覚えておきましょう。

しかしその効果を実感するためには時間がかかります。ミノキシジルに即効性は無く、髪の成長には最低でも半年は毎日続けていかなければなりません。なので効果が見えてこないと思い、使用を中断すると結局元の状態に戻ってしまい再びAGAによる薄毛が進行してしまいます。時間、あるいは育毛剤を購入した代金も無駄になってしまうのでまずは半年間続ける事を目標に頑張りましょう。

たださらに長い期間の使用もすすめられており、1年継続していただいた方がより高い確率で効果を実感出来るようです。外用であれば1日2回(朝と夜がおすすめ)、ミノキシジルタブレットであれば1日の上限が10mgでこれも1~2回服用とそこまで難しいわけでは無いですが何よりも継続は辛いと思います。諦めない気持ちも非常に大事なのです。強い気持ちを持ち、薄毛の改善をしていきましょう。

初期脱毛は効果の証

ミノキシジルを使っているとしばらく経過してから脱毛の量が今までより多く感じてしまうかもしれません。このように初期に多く脱毛することを初期脱毛と呼びます。皆さんに起こることなので、初期脱毛を気にする必要はありません。実際に初期脱毛を起こしている感も髪の毛は増えています。なぜ初期脱毛が起こるかというと、ヘアサイクルの1つである休止期になっている髪が抜けていくためです。また抜けていくことは実は新しい髪が生えてき始めているという証拠にもなり、どんどん抜け落ちていきます。

使い始めてから1~2ヶ月ほど続くため「体に合っていないのではないか?」「副作用なのではないか?」と不安に思われるかもしれませんが大丈夫です。ただその量が多いため不安になるのも分かりますし、それにより一時的な薄毛が進行していることにとらわれてしまうかもしれませんがしばらくすると、ミノキシジルの効果によって頭皮に産毛が多く確認される事でしょう。それまで不安ではなく、「生まれ変われるんだ!」という逆転の発想を持ち楽しみにしていると気持ちも楽になるのではないでしょうか?

ただ初期脱毛が目安である2ヶ月以降も続いた場合、医療機関へ行くことをおすすめします。もしかすると体質に合っていないかもしれないため。その後問題が無く医師からも許可が出れば再び使用していきましょう。

プロペシア、ザガーロとの併用で効果アップ

ミノキシジルは育毛と発毛を促す効果を持つ最強の育毛剤ですが、これまで何回か触れたようにAGAの原因になる男性ホルモン(DHT)を抑制する事は出来ません。そこでその作用を持つプロペシア、またはザガーロと併用する事で相乗効果を見込め、より薄毛の改善が可能となります。

その理由はそれぞれの有効成分が5αリダクターゼの働きを抑えるため。この物質がテストステロン(男性ホルモン)をDHTに代謝してしまうため、過剰に増えてしまうとAGAを発症し徐々に薄毛が進行していくのです。DHTの生成が少なくなれば抜け毛が減り、ミノキシジルの効果で生えてきた髪が抜けづらくなるので、より効果を実感出来ることでしょう。

しかしプロペシアとザガーロには違いがあります。「どの部分が薄毛として目立つのか?」の違いで使い分ける必要があるのです。一般的にはプロペシアのほうが有名ですし多くの愛用者がいますが、これからさらにザガーロも台頭してくることでしょう。それではどのような違いがあるかを簡単に説明して参ります。

プロペシアについて

プロペシアについて

プロペシアはAGA治療薬のパイオニアとして非常に有名です。AGAによる抜け毛を減らし薄毛を予防する事が出来ます。有効成分のフィナステリドが5αリダクターゼを阻害し、AGAの発症リスクを抑えるのです。特に前頭部や頭頂部の薄毛に効果があると言われ、これまで多くの男性を救ってきました。

さらにミノキシジルと一緒に使う事で育毛効果が高まります。プロペシアにも育毛効果はありますがさほどその作用は強くありません。一方、ミノキシジルは5αリダクターゼを阻害する作用が無く、抜け毛の量を減らすには単体の使用では厳しいでしょう。そのため併用する事で互いの長所と短所を補え、薄毛対策として理想的な効果をもたらします。プロペシアを使われる時際にはぜひミノキシジルも使いましょう。

ザガーロについて

ザガーロについて

ザガーロもプロペシアと同じく5αリダクターゼ阻害薬であり、1型・2型どちらの5αリダクターゼも抑えられるので、プロペシアよりも効果が高いと言われています。1型が関係する側頭部と後頭部の薄毛はザガーロを使わなければ改善が見込めません。そして2型も抑える事ができ、前頭部と頭頂部の薄毛の改善にも使えます。しかもプロペシアの3倍ほどその作用が高く、さらに発毛効果は1.6倍も高いのだとか。そのためいずれAGA治療薬の主流はザガーロに置き換わるのではないでしょうか?

まだ確かな研究結果は無いものの、ミノキシジルとの併用も行って構いません。ザガーロは発毛効果にも期待出来るとはいえ、ヘアサイクルの乱れを止めるだけでは発毛はままなりません。頭皮の血行不良・栄養不足もAGAの原因です。そのため血管拡張作用を持つミノキシジルを使い、より薄毛改善の質を高めていく必要があります。

ミノキシジルによる副作用

ミノキシジルによる副作用

上記でかなり押している通り、ミノキシジルは髪に良いことが十分ご理解いただけたと思います。薬局でも購入出来るためプロペシア、ザガーロよりも遥かに入手難易度が低いのもメリットです。薄毛に悩む人ならぜひ手にとっていただきたいですし、数ある育毛剤の中でもミノキシジルという成分ははダントツの発毛効果を持っています。大多数の方はそれを感じたと言いますが、そんな中で副作用が出てしまい調子が悪くなった方、それによって使用を中断した方もいらっしゃるのではないでしょうか?特にミノキシジルタブレットの場合は、外用薬と比較して副作用が出やすいと言います。

育毛剤・発毛剤として承認されていないため、あくまでも自己責任で使わねばならないのです。これは日本だけではなく海外でも同様なのです。意外ですよね?完全に私のイメージですが、海外は結構医薬品に関して緩いと思っていたのですが、育毛に関する事についてはFDAでも承認されていません。

そうは言っても本来の使用目的である高血圧の治療薬としては承認されています。そのためもし使うのであればきちんと副作用について理解をする必要があるのです。こちらの項目では主な副作用について説明していきます。万が一それを感じた場合にはすぐに対処出来るよう確実に覚えて下さい。もちろん外用薬でも副作用は起きるため、こちらについてもしっかり覚えておきましょう。

低血圧の方はご注意

ミノキシジルは血管を拡張する作用があります。圧がかかっている状態を改善していき血圧を下げていくのです。高血圧の方はその作用によって正常値に近い数値へ近づけていくわけですが、もし低血圧の方がミノキシジルを使った場合、過度に血圧が下がる恐れがあります。人により軽度であったりまたは重度の症状を起こしてしまうかもしれません。
ちなみにミノキシジルの副作用により過度な血圧低下を招いた場合はこのような事が起こります。もし使っている方で以下のような事があった、または使っている最中にそれを感じた場合は一度医師に相談して下さい。

■めまい・頭痛・吐き気・倦怠感
■頭皮のかゆみ、かぶれ(外用薬のみ)
■腹痛・下痢
■徐脈・不整脈など
■多毛症(主にタブレット)

ロゲイン、ポラリスなどの外用薬で起きる副作用として挙げられるかゆみやかぶれ。実はミノキシジルが起こしているのではなく、配合されている成分で起きているのです。ただ血管拡張作用によって血流が良くなることでかゆくなることもあるそうです。外用薬は比較的マイルドな効果なので、ミノキシジルタブレットより副作用が起きにくい事がメリットです。とはいえ外用薬でも血圧が低下する可能性もありますので、低血圧の方は一応気に留めておいて下さい。

多毛症は最も多い副作用

多毛症は最も多い副作用

副作用で特に注目するべき症状が多毛症。ミノキシジルタブレットを使われている方に良く起こります。高血圧の治療中、副作用として発毛効果が確認されたミノキシジル。全身の血管を拡張し栄養状態を良くするわけですから、よく考えれば当然の事なのです。全く気にならない方も中にはいらっしゃると思いますが、毛が濃くなるのはちょっと・・・と思われる方は案外多いと思います。

全身に及びますので髭、腕、脇毛、胸毛、すね毛などが目に見えて増えてくるのがお分かりになるでしょう。変わった部位だと手のひらや甲、指(手足どちらにも)などにも生えてくるようです。もちろん必ずしも毛深くなるというわけではありませんが、もしもそれが嫌なのであればミノキシジルタブレットではなく外用薬へ切り替えて使用することをおすすめします。

ミノキシジルの使用を一切止めると多毛症もおさまってくるといいますが、それと同時に頭皮の発毛へも及んでしまいます。せっかく生えた髪の毛がまた抜けていくことはなんとも言い難い悲しさがこみ上げてくる事でしょう。なのでマイルドな作用を持つ外用薬へ切り替える事が最善策なのです。後程ご紹介するロゲインやポラリスなどで育毛を継続して行きましょう。

ミノキシジルタブレットによる心臓への影響

最も気を付けなければならない副作用として心臓への影響が挙げられています。動物実験で確認されたそうで、水分が溜まることによって起きるそうです。しかしご安心下さい。それを解決する方法あります。ミノキシジルタブレット+利尿剤という組み合わせで解決が可能なのです。

これは医師からもそのようにするべきとブログ、または記事があるのでインターネットで検索してみるとすぐに分かるはず。私もこの組み合わせは意外だと思いました。特に海外ではロニテン(元祖ミノキシジルタブレット)と利尿剤の組み合わせはごく当たり前に行われているようです。ミノキシジルタブレットを使い育毛されている方で心臓への影響を心配されるのであれば、絶対に利尿剤と併用する事をおすすめ致します。

副作用として懸念される心臓への負担(動悸や息切れ)やむくみは、ラシックスを服用することで得られる効果(頻繁に尿を排出する)でかなり軽減が出来るのです。1錠だけで約4~5時間くらいは続きます。利尿剤の中でも強い部類になるので、使用タイミングは休みの日、仕事に支障が無い方は仕事中に服用して下さい。もしも夜に飲んだ場合、尿意で眠れなくなります。

ラシックスは余計な水分を出してくれる

ラシックスは余計な水分を出してくれる

私の場合はお酒を飲んだ次の日にむくんでしまうことがあるので(もう30後半ですからね)、それを改善したい時たまに使うのですが本当にすごいですよ。20分間隔でトイレへ行きたくなりますので。効いている間は結構往復をしなければならないので端から見ると変に見られるかもしれません。それくらい尿意が湧き出てきます。しかし効果が切れてしばらくするととても体が軽いのです。

そういう意味合いでなんとなくミノキシジルタブレットとラシックスの組み合わせの意味が分かるような気がします。相当スッキリしますからね。ただ当然ながら水分がかなり出ていきますのでその後は十分な補給をして下さい。またカリウムもかなり排出されます。サプリなどで補給してあげましょう。ラシックスの購入方法は通販だととても安いので便利ですよ。

医療機関でもらおうと思った場合、本来の高血圧治療ではないためまず処方されない可能性が高いと思います。美容クリニックだと処方してもらえる場合があるかもしれませんが結構値が張ると思います。一番簡単かつ安く手に入れたいなら通販しかありえません。ミノキシジルタブレットと一緒に買えますので、もし一緒に使うのであればまとめて購入してしまいましょう!

ミノキシジルを配合した育毛剤の種類

ミノキシジルが配合された製品はロゲインのような外用薬以外にも服用する事で育毛の効果を発揮してくれる内服薬もあるんです。それが一般的にミノキシジルタブレットと呼ばれるもので、実はロゲインよりも先に使われていた形状なんです。先述した血圧を下げるための薬として使用されていました。

発毛効果が確認され、それを転用しようとするも、効果が強すぎてしまったためロゲインが開発されたという経緯があります。しかし現在では注意して使用すればとんでもない効力を発揮する薬としてツウの間では認識されています。そんな2つの形状の特徴について簡単におさらいしてみましょう。

外用薬(塗り薬)とは?

外用薬とは?

外用薬は国内では容易に購入する事が出来ます。大正製薬から販売されるリアップシリーズが代表的な製品でご存知の方も多いのではないでしょうか?用量も2種類あって1%と5%と女性用がラインナップとしてあります。濃度が高くなれば当然効果も強いですが、その分価格も高くなってしまいます。そこでロゲインの登場です。通販サイトでしか購入が出来ませんがリアップと比較すると比較的安価です。またジェネリックも多数販売されております。

ミノキシジルタブレットよりも副作用が少なく、容易に使えることがメリットですがミノキシジルは外からの吸収率はあまり良くないと言われています。正しい使い方で塗っていかなければ効果がまばらになってしまいます。使用した後しばらくは髪を濡らしたりドライヤーで乾かしてはいけないという、多少行動制限もあるため注意をして下さい。

内服薬(飲み薬)とは?

内服薬とは?

ミノキシジルタブレット、または略してミノタブと呼ばれている経口用のミノキシジルです。医療用医薬品でありますが、日本では承認されていないため処方している医療機関も少ないでしょう。当然薬局でも販売されておりません。元は高血圧の方に使われている薬でありファイザー製薬から販売されている「ロニテン」が有名です。さらにロニテンのジェネリックも多数展開されており値段も安いため、ジェネリックのほうが人気が高いようです。

ミノキシジル外用薬から切り替えるメリットとしては、剤形を錠剤とする事で液垂れを抑える事が出来るので、頭皮全体に育毛の効果が期待出来るようになります。服用する事でミノキシジルが血管を伝って頭皮全体に働きかけてくれるので全体的に作用させる事が出来るのです。効果がまばらになる事もなくそれぞれの髪の成長を促進させる事が出来ます。

その一方で副作用の強さが指摘されております。血管を通して作用するので、頭皮以外の毛が濃くなると言われ、特に腕や足の毛が濃くなる「多毛症」に至ってしまう可能性が高くなります。しかしモサモサになるほど毛深くはならないという話です。詳しくは後述する副作用についての項目でもお話しますが、その他にも血圧が下がり過ぎてしまう事も考えられます。

抜群の知名度を誇るロゲイン

抜群の知名度を誇るロゲイン

先程からご紹介しているロゲイン。先にも少し触れたようにファイザー製薬が販売していた元祖ミノキシジル外用薬です。現在はファイザーからではなく、同じくアメリカの製薬会社であり日本でも大変有名なジョンソンエンドジョンソン社の傘下企業であるマクニール社が販売を行っております

ロゲインの効果とは?

液状や泡状などがあり成分配合量は5%がメインです。その他2%であったり、女性用も販売しています。この辺はリアップと同等といえるでしょう。そして販売に至る経緯には血圧を下げるための治療薬として開発されていた成分でしたが、ある時使用していた患者より、通常時より髪の毛が増えたとの事から薄毛に効果的なのでは?と再開発され、1980年にロゲインと言う名前で頭皮に直接塗るタイプの外用薬として販売されました。

その効果は頭皮へ塗ることで血管を拡張させて血流を良くします。そうすることで髪へ成分が流れやすくなり、AGAの症状によって今まで成長しきれなかった髪などが元気になるのです。ヘアサイクルの乱れによって生えてこなくなっていた休止期の毛穴も活性化しますのでやがて健康な髪が生えてくるというわけです。

気になる濃度ですが男性用の5%と2%、そして女性用のロゲインもあります。まずは2%から使用していき次いで5%へ引き上げていくと副作用も出にくくなりますのでおすすめです。ミノキシジルは濃度が重要と言われていますからもちろん高い方が効果は出やすいです。しかしいきなり濃度の高いものを使うと思わぬ副作用が出る事も考えられるためまずは一番濃度が低いものを選ぶべきでしょう。

ロゲインは長期的に使用していくものですので焦る必要はありません。また初期脱毛が使用し始めの1ヶ月間起こる事があります。これは冒頭でもお知らせしたように副作用でもありませんしミノキシジルが体質に合っていないからでは無いです。古い髪が新しい髪の生え変わりとともに抜け落ちているのです。安心して下さい。

ロゲインを購入する方法は?

ロゲインの日本版とも言えるリアップ。薬局でも購入出来るためAGAにお悩みの方はすぐに手に入れることが出来ますがちょっと待って下さい。良く値段を見てみましょう。だいぶ高いと思います。そうなのです。日本で唯一、発毛に期待出来るという宣伝もあったように(?)、ミノキシジルを唯一配合する商品ですからその効果に間違いはありません。

リアップX5(ミノキシジル配合量5%)の値段を良く見てみましょう。7000円以上します。もちろん藁にもすがる思いの方であれば金銭面抜きにして是が非でも欲しい商品でしょう。しかしロゲインならば5000円以内で購入出来るんです。もちろん成分濃度は5%。内容量、成分量ともに同じであるはずなのに?という疑問が浮かぶのは当然です。

実はロゲインは日本では承認されていない商品になります。日本では購入出来ない商品なんです。通りで見かけることが無い、と思い返せるはず。ならばどうすれば良いのか?その答えは海外医薬品を販売している通販サイトから購入をするのです。海外から直接購入する形になりますので現地の値段のまま。通販サイトはショッピングサイトと同じ使い方が出来るので難しくはありません。比較をすると2000~3000円ほど違うのでお財布に優しいと思います。

通販については別ページにて詳しくご説明していますので、どういう理由で日本の商品より安く買えるのか詳しく知りたいのであればぜひご覧下さい。これを知ることでちょっとお得なお買い物が出来るはずです。

ミノキシジル外用薬のジェネリック

ミノキシジルを配合する育毛剤の代表格として名高いロゲイン。国内で販売される唯一のミノキシジル配合の育毛剤、リアップよりも安価であり、なおかつ内容量、ミノキシジルの濃度も同等なのでお得であるとご説明を致しました。

しかしロゲインよりもさらに安価なミノキシジル育毛剤がございます。それこそがジェネリック(医薬品)です。そうです、ロゲインにはジェネリックがあります。こちらも同じく国内で販売していませんので、通販を利用して購入しなければなりません。

しかも効果は同等であり、安価という面で人気も高いようです。そしてミノキシジルの濃度にも注目してみましょう。ロゲインより多く配合している製品もあり、一層育毛の促進に期待が出来るはず。

多くのメーカーから販売されていますが、その中でおすすめ出来る製品をご紹介します。価格を重視されたい場合はツゲインやカークランドを。ミノキシジル濃度の高さや、プロペシアの有効成分フィナステリドも配合されていたりと、バリエーション豊かなラインナップを選べるポラリスなどがございます。そこにロゲインも加えればかなり選択肢が増えるため、最初は悩んでしまうかもしれません。

ですがご安心下さい。なるべくその悩みを無くせるよう、各製品の説明を行っていきたいと思います。どこのメーカーが販売しているのか?どのような特徴を持っているのか?気になる価格は?などユーザーとして気になる点を中心にお届け致しますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

ロゲインのジェネリック、ツゲイン

ロゲインのジェネリック、ツゲイン

元祖育毛剤として知られるロゲインのジェネリックに当たるのがこちらの「ツゲイン」。販売はインドの製薬メーカーであるシプラ社です。インドは世界的に見てジェネリックを製造・販売するメーカーが非常に多く、国外にも輸出しています。品質となによりも価格の安さにより多くの利用者がいらっしゃるようです。

発展の目覚ましいインドですが、未だ途上国としてのイメージも強く、品質に不安を抱かれる方は少なからずいらっしゃるでしょう。ただ先程申したように世界的にも知られている企業です。不良品があれば評判に関わりますよね?そのため品質は極めて高く、安心して使う事が出来ます。また肝心のミノキシジル濃度については2%、5%、10%と3つのタイプが揃い、ニーズによって選択可能です。

高濃度タイプは効果も高いがリスクもあり!?

ツゲインの最大の特徴はミノキシジル濃度10%のタイプがあることです。濃度が高いほど効果があり、より育毛に作用すると言われています。ロゲイン、リアップx5プラスの配合量は5%で十分効果に期待出来ますが、より高い濃度の製品も今では選べるのです。

しかしいきなり10%を使用すると副作用が起きやすく、逆に抜け毛が増えてしまう可能性も。そのため段階的に使用していきましょう。また使用感も5%のタイプと比べるとベタベタしやすいようなので好みが分かれるかもしれません。

まずは濃度の低いタイプから使用して徐々に引き上げて行く方法をおすすめします。功を焦って、思わぬ結果を招いてしまっては本末転倒です。女性も使用が出来ますが、その場合は2%タイプ限定なので気を付けましょう。

価格の安さが魅力的!

ツゲインの魅力はミノキシジル濃度だけではありません。価格の安さも注目すべき点です。通販サイトによって誤差はありますが平均価格は2%は1本あたり約2000円。5%は約3000円。10%は約3500円となっています。また各サイト1本のみを購入するより複数本購入した方がお得になるケースが多いです。

例えば5%の3本セットの価格を例に挙げると8500円になります。毎月1本ずつ購入していくよりはるかに費用を節約出来るため、費用を抑えたい場合はツゲインを選ばれるとお得になります。効果についてはロゲインと同等であるため、薄毛対策として有効です。

幅広い商品ラインナップが魅力のポラリス

PolarisResearchLaboratories社により販売されているミノキシジル外用薬のポラリス。その魅力といえば商品バリエーションといえるでしょう。実に多彩で広くユーザーの需要に応えているブランドです。比較的若い会社なのですが、すでにAGA治療薬の中でも有名な商品になります。順番にそのラインナップを簡単にご説明します。

ポラリス NR-07

NR-07

商品一覧でオーソドックスなものはNR-07(ミノキシジル含有量5%)という商品です。ミノキシジルの他にも日本皮膚学会よりその効果も認められているアデノシンという成分(ミノキシジルよりランクは下ですが十分に効果があるようです)も配合されており、ロゲインよりも進化しているといえるでしょう。それ以外にも生え際の脱毛に効果的と言われているりんごポリフェノール、脱毛を予防するオレアノール酸なども配合されています。

ポラリス NR-08

NR-08はミノキシジル含有量がなんと7%という高濃度の商品です。ロゲイン以上の濃度ということになります。NR-07と同じくりんごポリフェノール、オレアノール酸の他にも皮膚に良いと言われるビオチンや、プロペシアの有効成分フィナステリドと同じ作用を持っている(こちらの方が緩やかな作用)ノコギリヤシの成分が配合されています。かなりAGA治療に期待出来る商品でしょう。

ポラリス NR-09

NR-09

ポラリスの中でも人気が高いといわれているNR-09。ミノキシジル含有量は脅威の15%!その他にはNR-07に配合されているアデノシン、NR-08に配合されている銅ペプチドとサイモシンβ4-ポリペプチド成長因子という細胞の刺激や増殖を促す成分、髪を強くするプロシアニジンB2という成分も配合されています。これらの成分によって全体的にハゲている方であっても対応できるため一度試してみてはいかがでしょうか?

ポラリス NR-10

NR-10はポラリスの中でミノキシジル配合量が最も多い商品です。その濃度は16%!さらにフィナステリドを0.1%配合しています。高いミノキシジル濃度、そして脱毛抑制作用を持つフィナステリドの組み合わせでAGAの改善に大変期待できると言えるでしょう。またこちらはクリームタイプです。ローションタイプよりも液垂れがしにくいので使いやすい商品です。

ポラリス NR-11

NR-11

NR-11はミノキシジルを12%、フィナステリドを0.1%配合しています。ラインナップの中でも高い技術を使用しているとポラリス社もかなり自信を持って販売している商品です。フィナステリドと同様に5αリダクターゼという酵素を抑制し脱毛を遅らせるアルファトラジオールやお馴染みの銅ペプチド。ミノキシジルの吸収率を上げなおかつ消炎作用を持つレチノールや、髪の成長を助けるミストイルペンタペプチド-17、丈夫な髪を作り出すアミノ酸など贅沢仕様ともいえる成分が配合されています。

ミノキシジル外用薬としてではなく、唯一脱毛予防・育毛促進のシャンプーとして展開されているNR-02もございます。こちらもミノキシジルとフィナステリドが配合されているので、NR-02を使いつつ上記のミノキシジル外用薬を使うことでかなり髪を増やすことが出来るのではないでしょうか?

ポラリスシリーズを購入するには通販が最もおすすめです。どの商品も5000円以内で購入出来ます。オーソドックスながらも実績、ネームバリューがずば抜けているロゲインか?圧倒的な商品展開を見せるポラリスか?どちらを選ぶかはご覧になっている方々次第です。

育毛剤ポラリスの購入方法

ポラリスもまた、ロゲインと同様に通販でのみ購入出来る育毛剤です。海外のみで販売されているためなかなか目にする機会がありません。しかし海外医薬品の通販であれば個人輸入という扱いで購入出来ますし、なによりも価格が安いため手に入れやすいと思います。ロゲインよりも少しだけ高い製品が多いようです。

その代わりと言ってはなんですがミノキシジル含有量も多いので、より育毛剤としての効果は高いと思います。ブランド志向でロゲインを購入するか?多数のバリエーションでいくつもの選択肢がありポラリスを選ぶか?その判断は自身にしか出来ません。またどちらも選べないのであれば両方共を選ぶのもいいかもしれません。

2種類を購入したとしてもリアップよりも少し必要かな?くらいの金額ですむと思います。通販の利点である多くの製品を試していく、という方法も可能なので迷ったらこういった使い方も検討してみて下さい。複数個購入した場合、割引されるサイトもございます。そういうメリットも十分に活用して薄毛への対策を増やしていきましょう。

ミノキシジルタブレットの魅力的な効果

ミノキシジルタブレットの魅力的な効果

外用薬で効果に不満のある方やもしくはAGAの進行が著しい方が、その発毛効果を期待して使用するミノキシジルタブレット。略してミノタブとも呼ばれています。軽度の方も使うことは出来ますが、まずはミノキシジル外用薬から始める事をおすすめします。理由としてはなにせその効果が強い。とにかく一番気を付けるべき点のため。

インターネットで検索してみればお分かりになると思いますが、そのことについて医師が更新しているブログや記事でもかなり見かけるはず。だが裏を返せば「確実に発毛効果がある」ということになります。使用に関しては完全に自己責任となってしまうため、一旦冷静にその状況を判断してみましょう。本当に使用するまで進行しているのか?などを考えましょう。ちなみにその副作用とは多毛症や血圧の低下などが指摘されております。

ミノキシジルを効率よく取り込める

ではミノキシジルタブレットがなぜそこまで効果があるのか?という理由なのですが、内服薬であるため成分が血中に溶け込みやすく吸収率がグンと上がるからです。外から取り込むよりも内側から取り込んだ方がよく効くんです。普通に考えてみれば確かにそれはそうだと納得がいきます。その経緯により発毛力はとても高くなり毛包、毛母細胞、毛乳頭細胞を刺激し活性化させるのです。

再三注意喚起をしている矛盾は生じますが、ならば始めから一気に発毛促進を行えるミノキシジルタブレットを使うという手も一考ではないでしょうか?リスクの発生を低くするコツとしては始めから高用量のミノキシジルタブレットを使用しないに尽きます。多くの商品には5mg、10mgと2つタイプがあるのでまずは5mgから使用しましょう。さらに半分にカットして2.5mgとして使えば費用も節約できますし副作用のリスクも軽減できるはずです。そこから慣れてきたら徐々に用量を増やしていきましょう。

ミノキシジルタブレットの使用方法

使い方は1日1回を服用します。なるべく自分が服用しやすい時間を決めてから24時間ほど間隔を空けて使用したほうが良いでしょう。体内の濃度を一定に保てるはずです。そして先程記述したようにピルカッターでカットして使い始めは2.5mgから始められて方が良いと思います。そこから用量を増やしていき、発毛促進を目指します。

ミノキシジルの1日に可能な摂取量は10mgですが欧米の方と比べ体の小さい日本人は5mgで十分なはずです。もし10mgを購入したとしても半分にカットして5mgで使用したほうがコスパも高いですし、副作用のリスクも軽減出来るためおすすめ致します。管理人である私もこのような使い方をして無事髪を生やすことに成功しました。相性が良かったのか使い始めの1週間ほどはちょっと気持ち悪くなった程度でしたが、それ以降は特に異変はありませんでしたので、やはりこの使い方が正しいと思います。

ミノキシジルタブレットのラインナップ

1960年代に高血圧の方に使う降圧剤として開発されたミノキシジル。割と歴史のある成分なのですが副作用として多毛症が起きることが確認されたため、これは発毛促進の薬として使えるのではないか?ということになり研究されたという経緯があります。それから外用薬が開発され、さらにかつて使用されていたミノキシジルタブレットもAGA治療薬として再度注目を浴びたのです。

かなりの商品が展開されており、どれを使えばいいのだろう?と迷っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?そこでここからはおすすめ出来る商品の紹介をしてみたいと思います。ファイザー製薬から販売されるロニテンが有名ですが、ジェネリックもかなり台頭しており、コスパの高さから注目を集めております。

最も有名なロニテン

ロニテン

ミノキシジルタブレットで最も有名な商品といえば「ロニテン」ではないでしょうか?ファイザー製薬が販売しており5mgと10mgの2つタイプがあります。本来の使用用途は高血圧を改善する血管拡張剤です。以前はFDA(アメリカ食品医薬品局:日本の厚生労働省のような機関)により発毛効果が認められていましたが、現在はそれが取り消されました。

しかし間違いなく発毛効果はあります。あるのですが、強いのです。その効果が。外用薬よりも相当強いのでまさにロニテンのようなミノキシジルタブレットの使用は切り札とも言えるでしょう。そのため使い方に注意をすればありえないほどの効果を実感出来るはず。

使い方はとても簡単で、1日1回「5mg」を服用します。10mgの場合海外の男性と比べ日本人男性だとより強い効果が出てしまう恐れがあるからです。一応、1日の最大摂取量は10mgと定められていますがいきなり使い始めると副作用が現れる事があるので5mgを推奨しています。10mgを購入された場合はピルカッターで半分に割って使用して下さい。効果の面だけではなく、コスト面の節約も出来るためで、始めから5mgとして使用する方は10mgを購入されることが多いと思います。

ロニテンは日本では販売されていないミノキシジル製品なので通販を利用しなければ購入が出来ません。しかし取り扱っているサイトが少ないようでなおかつ価格も高めです。ですのでこの後ご紹介しているノキシジルなどの商品が手軽に使えますしおすすめです。その理由としてはロニテンのジェネリックに位置づけされているため効果が同等。なおかつ価格がかなり安くなっているからです。

ミノキシジルタブレットは今やロニテンよりもノキシジルや他の製薬メーカーから販売されている製品のほうが主流かもしれません。しかしロニテンが絶対に欲しい!というのであればそれこそアメリカへ行き直接購入するか、海外の通販を利用し個人輸入を行ったほうが確実かもしれません。

人気・知名度ともに高いノキシジル

人気・知名度ともに高いノキシジル

ファイザーより販売されているロニテンと同じくらいの知名度・人気を誇る「ノキシジル」。通販のみで購入出来る商品なのですが圧倒的な安さ、量の多さ(100錠から購入出来る)でコスパも非常に高い注目のミノキシジルタブレットです。ロニテンの半額程度で購入することができ、AGAに悩む多くの方が購入しています。ちなみに管理人の私もノキシジル愛用者でした。

販売しているのはT.O.MED社という、タイの製薬メーカー。1979年創業でファイザーと比較すればまだ若い会社とはいえますが東南アジアなどではかなり有名な企業です。タイは美容関係の商品が世界的に有名なようで数々の企業から美容に関する商品が販売されているらしく、その中でもT.O.MEDの商品は信頼が高いと言われています。ですので質に関しては安心して使用出来るでしょう。

ノキシジルには5mgと10mgの2つタイプがあります。何回かお伝えしているようにミノキシジルタブレットは外用薬よりも効果が非常に強いので、初めてであれば5mgのさらに半分である2.5mgとして使用開始しましょう。コスパの面でも費用の節約と、なによりも副作用リスクの軽減が出来るおすすめの利用方法です。

またプロペシアやザガーロとの併用もおすすめで、「ミノキシジルタブレットの発毛+プロペシア、ザガーロの脱毛抑制=相乗効果」が生まれることによりAGAの改善に大きな期待が出来ます。医師からもお墨付きの組み合わせなのでぜひ試してもらいたい方法です。

さらにコスパを重視するのであればプロペシアのジェネリックで最も有名な「フィンペシア」と併用すると良いでしょう。効果も同等、お財布にも優しいので堅実かつ結果を求めたい方には組み合わせとしては理想的であると思います。私は実際この使い方をしてAGAからサヨナラしました。医療機関へ行くよりもはるかに安く済んだので本当に知っていて良かったなとつくづく思っております。

ミノキシジル製品の購入は通販がおすすめ

ミノキシジル製品の購入は通販がおすすめ

ロゲインやそのジェネリック、ミノキシジルタブレットでそれぞれご説明をしましたが改めて。ミノキシジル製品は海外医薬品の通販で購入するのが特におすすめです。その理由はこれまでご紹介したように多くのラインナップがあることと、そして価格が安いため。国内で購入出来るミノキシジル配合の育毛剤はリアップのみですがかなり価格が高いため、毎月の購入が厳しいと感じる方も多いことでしょう。

「それで薄毛が改善出来るなら安いものだ」と思われる方もいらっしゃるでしょうが、多くの方はもう少し安ければと思われている方の方がきっと多いはず。その点通販であればリアップよりも安い製品がたくさん販売されています。逆に迷ってしまうこともあるかもしれませんがそれほど魅力的なラインナップが揃っているといえます。

相性の良いプロペシアやザガーロも購入出来る

またプロペシアやザガーロなど相性の良い薬も購入出来るので合わせて注文することも可能です。これらについては処方箋医薬品のため医療機関へ行かなくては手に入れられませんが、通販であれば個人輸入であるため処方箋が無くても購入する事が出来ます。しかも医療機関で処方されるよりも安く販売されており、さらに費用を抑えたいのであればジェネリックの選択も可能なのです。

ロゲインのジェネリック、ミノキシジルタブレット同様非常に安価なので、合わせて購入すればかなりお得だと思います。それこそ医療機関へ行き先発薬をもらう。その後薬局で育毛剤を購入する。結構な費用が発生しますので節約しつつも薄毛を改善していきたいのであれば断然通販が良いでしょう。薄毛対策としてこれほど良い方法はありません。

通販の購入方法レクチャー

通販で実際にミノキシジル製品を購入するにはどうすればいいか?と分からない方がいらっしゃると思いますがとても簡単です。特に通販サイトを日常的に利用されている方ならばすぐに行なえます。慣れていない方でも1回購入すれば次回から迷わずに行えるはず。ここでは慣れていない方へのレクチャーとして簡単にご説明を致します。

1.製品の選択

まず購入するためには製品を見つけ出さなくてはいけませんよね?どの通販でもだいたい一番上、もしくは両サイドに検索窓があります。「ミノキシジル」と打てば関連する商品が検索されますので購入しようと思う製品か、一度説明を読みたいのであれば各製品をクリックして詳細ページへいきます。

2.実際に購入

欲しい製品が決まったらページ内にある「購入する」というリンクをクリックします。すると購入ページへ移動しますので自身のh\情報を入力していきましょう。特に間違えやすいのが郵便番号。海外から発送されるので正確に入力しなければ、現地へ送り返されてしまいます。

また家族がいる場合に知られたくないからと言って配送先を職場にすると、これもまた税関の検査が通らない事があるため、最寄りの郵便局の住所を記入しましょう。購入が完了すると発送番号が通知されるのでそれをホームページで調べると現在どの位置にあるかが分かります。

支払はクレジットカードか銀行振込です。完了しなければいつまで経っても発送されず、しばらく経つとキャンセル扱いになってしまうので注意をして下さい。代引きを希望する場合は扱っている通販サイトもありますがとても少ないです。どちらか2つの支払方法が主流ですので、対応する方法を用意しておきましょう。

3.製品の発送、到着

発送は国内のショッピングサイトのように即日配達、翌日配達といったように迅速ではありません。10~14日は見ておく必要があります。先に触れましたが海外から発送されるため時間がかかってしまうのです。通販のデメリットは到着が遅いという事が良く挙げられます。

しかしこの部分に関しては避けられないため寛容な心で到着を待ちましょう。通販に慣れている方であればある程度の到着日時を予想して早めに注文をするそうです。リピートされるのであればこんな購入の仕方もありますので試してみてはいかがでしょうか?より効率よく通販を活用していきましょう。

育毛剤ミノキシジルで薄毛対策

育毛剤ミノキシジルで薄毛対策

ミノキシジルは非常に優れた薄毛の改善策です。ミノキシジルで薄毛対策をする場合、塗り薬(外用薬)かタブレット(飲み薬)のどちらかで行います。効果の高い形状はタブレットの方ですが副作用が強く出やすいというデメリットもあるのでAGAによる薄毛が深刻である場合の方がおすすめです。様子見としてはロゲインなどの塗り薬で様子見をする方が良いでしょう。ただ育毛剤としてしっかりと薄毛の改善が出来るので心配はいりません。

これらミノキシジル含有の育毛剤を購入するのであれば通販を使うのが最も効率的です。費用の節約が出来ますし、併用することでより効果が高まるプロペシアやザガーロも購入出来るため。薄毛対策は医療機関へ行かなくても通販を使えば簡単に出来るのです。最後にもう一度いいますがAGAは進行性のため、治療を行わなければ薄毛どころかハゲ頭になってしまいます。

AGA特有の弱々しい細い毛も生えてこなくなりきっと後悔するはずです。気にならなければそれで良いのですが、その時に薄毛コンプレックスになったとしても時既に遅しです。そんな悲しい思いをする前に「ミノキシジルで薄毛対策」をして強く健康な髪を再び取り戻していきましょう!