ザガーロ(デュタステリド)の驚きの効果!通販でのお得な買い方は!?

ザガーロとは?

ザガーロ

2016年6月、プロペシアと同じ作用を持つAGA治療薬である「ザガーロ」がグラクソ・スミスクライン社より発売されました。第二世代のAGA治療薬とも目されており、抜け毛予防の効果は非常に高いです。さらにプロペシアと比較すると「1.6倍の発毛効果」があるというデータも発表されています。

まだ発売されたばかりなので医療機関で処方してもらわなければ手に入れられません。またプロペシアのように発売から年数が経過していませんので、ジェネリックも当然発売されておらず、自由診療のため全額自費で購入する必要があります。

しかし海外医薬品を販売する通販サイトを利用すれば、海外版ザガーロ(アボダートという名称で販売)と、さらには既にジェネリックも販売されているので、いずれも医療機関で処方されるよりも安価に購入が出来るのです。費用を抑えられるため治療のハードルも下がるはず。

現在、メディアでも積極的に宣伝されているため徐々にその知名度が上がっているザガーロ。今後AGA治療にあたり第一選択のプロペシアと置き換わる可能性があるかもしれません。それも見据え、こちらのページではザガーロの効果を始め、使い方、副作用、通販での購入方法やジェネリックのご紹介も合わせて致します。ぜひこのページでザガーロを覚えて下さい。

ザガーロの購入は通販で安く!

ザガーロの購入は通販で安く

始めにご説明しましたがザガーロは市販されておりません。処方箋医薬品なので医療機関へ行かなければ手に入れる事が出来ないのです。しかしAGAの治療は保険適用外ということはご存知のはず。生命の危機にすぐさま関わらないため、という理由からきています。また薬に関しても保険適用されません。ザガーロも全額自費負担となってしまうのです。

つまり診察費+薬代全てを自身が負担しなければなりません。気になる価格は医療機関によって差があります。自由診療なので個々に決める事が出来るのです。いろいろ調べてみますと、ザガーロの平均価格は8500~10000円になります(0.5mg30錠の場合)。場所によってはもっと高いところもあるかもしれません。分からない場合、問い合わせてみましょう。

例を出してみたのでお分かりになったかと思いますが、最新のAGA治療薬ということだけあり非常に高いです。プロペシアの平均価格が5000~7500円ほどなので大きな差があります。もちろん治療を続けるのであれば、1ヶ月ごとに処方してもらわなければなりません。最低でも半年は続ける事が推奨されているため、それだけでかなりの金額が必要だとお分かりでしょう。

それに医療機関の場所も考えてみて下さい。近所であれば交通費は必要ありません。しかし「誰にも知られたくない」という心理が働いてしまうと少し遠い場所を選んでしまうのではないでしょうか?その場合はさらに交通費も加算しなければなりません。費用は重なってしまいます。

薄毛はとても大きなコンプレックスになるものです。出来ることならば早く治したい。しかしその金額を知り躊躇してしまう方は多いはず。ならば通販を利用してみませんか?。ただの通販ではなく、海外医薬品の通販です。海外の薬を購入出来る通販サイトがあり、利用する事で、大幅な費用の節約が可能になります。

しかも海外では既にザガーロのジェネリック(ザガーロジェネリック)が販売されており、さらには安価に購入出来るため人気を集めています。通販の利用は医療費がかからずに薬代だけですむのでしょう?その疑問、そしてお得な情報をこれよりお伝えしていきましょう!

通販でザガーロを購入出来る理由

今の世の中とても便利になったもので、インターネットを利用すればほとんどの物を購入する事が出来ます。日用品、化粧品、服などそれはもう様々です。そして薬も購入する事が出来ます。とは言いましても、薬局で販売されているOTC医薬品のみがその対象です。ザガーロのような医療機関で処方してもらう必要のある薬は、インターネットで販売する事が禁止されています

ではなぜザガーロを通販で購入出来るのか?禁止ではないの?違法にならないの?その疑問は当然です。しかし実際ザガーロを購入して薄毛の改善が行えます。それを可能にするのが「海外医薬品の通販」です。海外から商品を購入する=個人輸入となるわけですが、海外医薬品の通販にも該当しています。

薬を個人輸入する場合処方箋医薬品であっても購入する事が出来ます。わざわざ医療機関へ行き、処方箋を用意しなくても問題ありません。なぜなら薬事法で定められているので、法律違反には当てはまらないのです。ただ、もちろん国内で違法の薬を購入してしまうと罰せられます。日本では違法でも、海外だと合法な薬はたくさんあるので、ある程度の知識は持っておいて下さい。

ただ個人輸入は所定の手続きをしなければならないケースもあるので慣れていないと多少面倒です。特に数量に関してはシビアで、規定量を超えた際は手続きを行わなければなりません。ザガーロのような処方箋医薬品の場合は1ヶ月分と決められています。それを知らない、あるいは気づかずに購入してしまうと税関で没収される可能性も。

しかし通販でザガーロを購入する場合は必要ありません。なぜなら運営している会社(個人輸入代行業者)が現地で販売している業者や配送の手続きも全て行ってくれるためです。間違えて規定量を超えて購入しても、何らかの形(メールや電話)で通知してくれます。

つまりユーザーはザガーロの注文をして代金を支払えば後はその到着を待つだけ。自身で個人輸入をするより簡単なので現在人気の購入方法になっています。それに医療機関では人目も気になりますよね?通販の利用はその問題もクリア出来ます。インターネットが利用出来る環境であれば自宅だろうと職場だろうと注文出来るため、そのストレスを一切感じずに購入出来るのです。

費用面では診察費や処方料などの医療費をカット出来るだけではなく、薬自体の価格も安いので、特に保険適用外の薬は通販を利用した方がお得になるケースが多いです。ザガーロの場合は1000~1500円程度、通販サイトによっては2000円程度の差があります。ただあまりにも価格が安い場合偽物という可能性も。残念ながら悪質なサイトも存在するため気を付けて下さい。

ザガーロジェネリックとは?

新たに開発、及び発売される薬には特許期間という、開発したメーカーのみ利用出来る権利が設けられます。もし開発したての薬が他のメーカーから販売されたら大きなマイナスとなりますよね?競合すると当然利益は少なくなります。一般的には20年、申請をすればさらに5年延長でき、それが切れる事で初めて他社はジェネリックを販売する事が出来るのです。

ザガーロの発売は2016年なので、特許が切れるのは相当先です。なのにザガーロのジェネリックは通販で購入出来ます。その理由は特許期間に関係なく薬を製造・販売出来る国があるためです。そのひとつがインド。特許期間はあるにはあるのですが、法律によって販売する事が出来るからです。

しかもその需要はとても高く、世界で利用されているジェネリックの4割はインド製だとか。その理由は圧倒的な価格の安さ。しかし高品質なので、しっかりと効果が得られます。特に貧困層の多いアフリカ諸国では必需品のようです。

つまりまだ特許の切れていないザガーロのジェネリックがなぜ販売出来るのか?その理由はインドの製薬メーカーが販売しているためなのです。しかし日本では承認が下りていないため流通しておりません。海外医薬品の通販を利用しなければ購入出来ないのです。

すでに多くの製品が揃ってきており、通販サイトによっては多くのザガーロジェネリックが並んでいる場合があります。ユーザーにとってはどれを選べばいいか分からないかもしれません。そこで当サイトおすすめの製品をご紹介致しますので、参考にしていただければと思います。

デュタス

デュタス

インドを代表する製薬メーカーのドクターレディーズ社 (Dr. Reddy's Laboratories)より販売されています。ザガーロジェネリックということですからもちろん有効成分はデュタステリドです。価格の安さに優れており、1錠あたり80~100円前後で購入出来るため費用の節約が可能となります(ザガーロ0.5mgはおよそ300~320円前後)。

比較をしてみると一目瞭然だと思いますが、医療機関で処方されるよりも通販でザガーロジェネリックを購入した方がいかにお得であるかお分かりいただけるでしょう。インド国内のみならず世界展開も行う企業なので、デュタスの品質は非常に高いです。

デュプロスト

デュプロスト

ドクターレディーズ社と同じく世界でも有名なシプラ社から販売されているザガーロジェネリックです。先程ご紹介したデュタスよりも1錠あたりの単価が安いため(70~90円)、コストパフォーマンスを重視されたい方はデュプロストの選択をおすすめ致します。

また1箱が100錠入りです。つまり3ヶ月分使えるのでお得感も感じられるでしょう。まさにジェネリックのなせる業ですね。しかし反対に圧倒的な安さ、数量のため効果に不安を覚える方がいらっしゃるかもしれません。

ですがご安心下さい!シプラ社は世界10カ国に製薬施設のある企業で、各国からきちんと承認を受けているため、安心して使用出来る製品を提供しています。デュプロストも多くのユーザーが満足しているとのことです。それでも不安に感じるのであれば、各通販サイトの口コミを見て判断してみましょう!

アボダート

アボダート

アボダートはザガーロジェネリックではありません。実はこの製品こそ「海外版ザガーロ」なのです。もちろん製造販売元はグラクソ・スミスクライン。ジェネリックではなく、れっきとした先発薬になります。ザガーロの半額程度(3500~4500円)で購入する事ができ、ジェネリックよりも先発薬が好みである方にとって、お求めやすい価格なのが嬉しいところです。

そのため最初は医療機関でザガーロを処方してもらい、2ヶ月目からは通販でアボダートを選ぶという方も大勢いらっしゃるのだとか。あくまでも先発薬にこだわりたいけど医療機関へ行くのが面倒。そういう方こそアボダートを選ばてはいかがでしょうか?

ザガーロはこんな人に向いている

ザガーロはどういう人におすすめ出来るか?簡潔に言えばプロペシアで思ったような効果が現れなかった方でしょう。といいますのも、プロペシアではどうしても抜け毛を防ぐ事が出来ない箇所があるためです。その箇所とは「側頭部」と「後頭部」。AGAを発症した際、大多数の人は頭頂部と前頭部の抜け毛が多くなります。実は側頭部と後頭部はかなり抜けにくい箇所なのです。

しかしどういうわけか、この部分からも抜け毛が多くなってしまうケースが発生してしまいます。後頭部は少し見にくいですが、側頭部ならば目視出来るので確認しやすいでしょう。もっと分かりやすい目安もあり、頭皮の脂っぽさが気になったら要注意です。

以前と比べ明らかに頭皮が脂っぽいと自覚出来たのであれば、プロペシアを使っても効果が出ないかもしれません。その場合はザガーロを使うべきでしょう。なぜならばAGAの原因となる物質に違いがあるためです。もし自身で判別出来ない場合は医療機関で診断してもらって下さい。効果の詳細については後程ご説明します。

ちなみに発毛効果はザガーロが上です。単体で使われても十分に発毛が出来るとのデータがあります。しかし本当ならば確実性を増すため、ミノキシジルとの併用がおすすめ。あまり体に負担をかけたくない、とお考えの場合ザガーロのみで薄毛改善に挑戦してみても良いかもしれません。

有効成分のデュタステリド

ザガーロの有効成分はデュタステリドと言い、AGAの原因となる物質(DHT)の生成を抑える事で薄毛を改善していきます。しかし元々はAGA治療のために開発された成分ではありません。前立腺肥大症の治療薬として開発されました。前立腺肥大症もDHTの過剰分泌が一因で発症します。

薬の名称は「アボルブ」といい、国内では2009年に発売されました。もちろん製造販売はグラクソ・スミスクラインが行っています。デュタステリドの作用が肥大化した前立腺を小さくし、症状である排尿の異常や頻尿、残尿感などを軽減していきます。

最初は前立腺肥大症の治療薬として使われていたものの、さらに研究の結果AGAによる薄毛改善が判明したという経緯はプロペシアと同じと言えるでしょう。フィナステリドとデュタステリド、似た作用を持つふたつの成分の違いは一体何なのか?これについては後程ご説明を致します。

前立腺肥大治療薬アボルブ

アボルブ

先述したようにザガーロはAGA治療薬としてではなく、前立腺肥大症の治療薬として販売されていました。それがアボルブです。前立腺肥大症の原因もAGAの原因も、DHTという非常に強い力を持つホルモンが大きく関わっています。デュタステリドはその肥大化した前立腺を小さくし、症状を次第に鎮めていくという作用を持っています。

これまで使われていた前立腺肥大症の治療薬は筋肉や尿道に作用し、拡げることで症状を改善していくというものでした。しかし前立腺に直接作用するわけではないのでさらに肥大化する事もあるらしく結局元に戻る事もあるのだとか。その点アボルブは前立腺を直接小さくしていきます。根本に作用するというわけなので、かなり有効な薬であるといえるでしょう。

ただしひとつ注意事項があります。前立腺がんによって肥大した場合にもデュタステリドは作用します。そのため、検査を行った際にがんを見抜けなくなるという可能性も指摘されているのです。もしもがん検診を受ける機会がありましたら、アボルブを使用していると医師にお伝え下さい。これはデュタステリドが有効成分であるザガーロにも言えるのでお忘れなきよう。

ザガーロの効果

ザガーロの効果

ザガーロはAGA治療薬として認知されており、その名の通りAGAを発症することで起きてしまった薄毛の改善を目的に使う薬です。さらに継続して使えば発毛効果も備えているので、薄毛により減ってしまった髪の量を、少しずつ取り戻せる可能性も持っています。なぜザガーロはAGAに有効なのでしょうか?その効果についてご説明をしていきます。

AGAを発症させるDHT(ジヒドロテストステロン)は、テストステロン(同じく男性ホルモンの一種)が5αリダクターゼにより代謝される事で生成されます。と言いましてもテストステロン自体に抜け毛を促進させる力はありません。DHTに変換される事で初めてその力を持ち、毛乳頭細胞にある男性ホルモン受信体と結びつくとヘアサイクルを乱してしまうのです。

ヘアサイクルとは「成長期」「退行期」「休止期」と3つの段階に分かれており、通常その期間は6年程度とかなり長いです。その中でも成長期が一番長くほとんどを占めます。髪が伸びるのは成長期である証拠といえるでしょう。しかし前述したDHTの作用によりヘアサイクルが乱されてしまうと、成長期がおよそ1年ほどに短縮され、細くて短いAGA特有の髪質へと変貌してしまいます。

それを防ぐにはDHTの生成をどうにかして抑えなければなりません。そのためにザガーロによる「5αリダクターゼを阻害」する作用で、テストステロンからDHTへの代謝を防ぎましょう。するとヘアサイクルの乱れがおさまってくるので、次第に抜け毛が減り、薄毛改善が出来始めるのです。

この5αリダクターゼの阻害作用は先に発売されているプロペシアにも備わっていますが、実は明確に違いがあるのです。なぜ同じ作用を持つのに違いがあり、そしてザガーロの効果の方が上だと言われているのでしょうか?これからその理由を説明致します。

ザガーロとプロペシアの違い

ザガーロとプロペシアの違い

同じ作用を持つにも関わらずプロペシアよりもザガーロの方が高い効果を持っているのはなぜか?それは5αリダクターゼの阻害作用が関係しています。実は1型・2型と2タイプあり、2型の方が多いと抜け毛の原因になるのです。

2型が多く分布している箇所は前立腺と、頭部では前頭部と頭頂部。なぜこの部分が薄毛になってしまうかもう理由がお分かりになりましたね?そこでプロペシアを使うと有効成分フィナステリドが「2型を阻害」し、この部分の薄毛を改善していきます。

しかしAGAは前頭部や頭頂部だけでなく、抜けにくい側頭部や後頭部も薄くなってしまうパターンもあり、その場合はプロペシアで治療をする事が出来ません。なぜならこの部分の薄毛は1型が関与しているためです。目安は全身の皮脂腺に分布しているので、頭皮が脂っぽければほぼ間違いないです。

また1型によるAGAだから2型は関与しない、というわけではなくどちらのタイプも作用し、薄毛が頭皮全体に及んでしまう事もあります。その場合にはザガーロを使いましょう。なぜならば2型の働きはもちろん、「1型の働きも阻害」出来るためです。

そうです、ザガーロはプロペシアでは抑える事が出来ない1型5αリダクターゼにも有効なのです。しかも2型に関しては約3倍も阻害出来る力を持っているので、これだけでも効果が上であるとお分かりいただけるでしょう。もしどういうタイプのAGAか分からない場合、医療機関で相談してみて下さい。

ザガーロの副作用

ザガーロの副作用

ザガーロの副作用はプロペシアとよく似ています。有効成分デュタステリドによる作用機序は5αリダクターゼの阻害。つまり男性ホルモンの生成が少なくなってしまうことでその弊害が出てしまう場合があるのです。しかもプロペシアよりもその発現率は高いようなのでちょっと気にかけてみてもらえればと思います。

まだ実証結果としては少ないようなのですが0.1mgを服用した場合は13%。0.5mgを服用した場合は15%と比較的高い数字が出ているので、これを十分理解してザガーロを使用していきましょう。これらの症状が確認された場合は医師に相談するなどして対策を立てて薄毛治療にあたって下さい。

男性機能の低下

男性ホルモンの生成が少なくなるため同じ作用機序を持つプロペシアのように男性機能の低下が多く報告されています。いくつかの症例がありますが最も多いものとしてはEDが挙げられます。いわゆる勃起不全のことです。うまく勃起が出来ないことで薄毛とは別のストレスが生じてしまいどちらの症状に対してもいい影響はありません。EDにはバイアグラなどの優秀なED治療薬がありますのでもしもザガーロでEDを発症してしまったら併用してみましょう。禁忌薬では無いので問題ありません。

その他には射精障害(無射精症など)や性欲減退、精子の質の低下、そして乳房の女性化などが挙げられます。最後の乳房肥大については男性ホルモンが少なくなり、女性ホルモンが優位になってしまったこと。そして肝臓への負荷がかかることで女性ホルモンの分解がされにくくなり起きるようです。

精神障害やその他の症状

男性ホルモンは気力にも関係しています。その量が少なくなってしまった場合、やる気が起きなくなる事があるようです。プロペシアではそれよりもさらに重度なものであるうつ病の発生も報告されていますが、ザガーロには今のところそれは無いようです。しかしどうにも精神的につらいかも、というフシがあれば医師に相談をするべきでしょう。

その他にも蕁麻疹や湿疹などが発生する皮膚障害や、肝機能が低下している方はよりそれが進行する可能性があります。プロペシアで注意喚起されているように使用していく中で肝機能障害を起こすという報告はされておりません。ただ、用心に越したことはありません。このケースの場合も医師との相談をして判断を仰げば余計な心配をしなくてもすむと思います。

ザガーロの服用方法や気を付けるべき点

ザガーロの使い方は至って簡単です。1日1回1錠、自身で決めた時間に服用します。0.5mgあるいは0.1mg錠のどちらも錠数は変わりません。またカプセル状なのでピルカッターで分割して服用するのはあまりおすすめ出来ません。決めた時間に服用する理由は体内のデュタステリド濃度を一定に保つため。それにより薄毛を改善していきます。

副作用の発現が気になる場合は、軽減をするためには3日に1回服用されている方がいるようです。実はデュタステリドの半減期(血中濃度が減る速度)はとても長いため継続して使用した場合、なかなか血中からなくなりません。そのような理由から2日、あるいは3日空けることで副作用の発現が低下するかもしれないのです。ただ実証されているわけではないのでその点は気を付けましょう。

ミノキシジルと併用して、より効果アップ

ザガーロとミノキシジルの併用

より発毛を促すためにミノキシジルとの併用をおすすめ致します。プロペシアよりも発毛効果の高さが特徴の1つでもありますがあくまでも原因を抑制する働きのほうがメインです。それが次第に強い髪を作り出すことに変化していくのですが、よりその効果を高め新しい髪を作り出すには特化しているミノキシジルが向いています。塗るタイプ(外用薬)かタブレット(ミノキシジルタブレット:飲み薬)をザガーロを服用する際に併用すれば良いだけなので非常に簡単です。薄毛をもっと効率よく改善するためにぜひ試してみましょう。

妊婦や新生児に対しては最も気を付けるべき

ザガーロもまたプロペシアと同じく女性への使用は禁忌です。DHTは成人男性の場合、過剰な分泌によりAGAの原因となるわけですが、胎児(男児)や新生児にとっては性器の発達などに関わる重要なホルモンであるためそれが抑えられてしまうと、十分な発育が出来なくなる可能性が指摘されています。つまり障害として残ってしまうのです。

まだその報告は一例も無いのですが、もしもそのようなことがあれば今後の人生を左右してしまうでしょう。後悔してもしきれませんのでもしも自身の妻が妊娠していたり、あるいは妊婦が近くにいる状況、そして新生児がいる場合はザガーロの使用は控えるべきです。

また女性にもAGAが発症する場合があり(FAGAといいます)、その場合は専用の薬を使用します。ザガーロはFAGAへのされていないため使ったとしても効果は望めません。そもそも原因も違うので当たり前です。それによって特に何か起きるわけでは無いのですがむやみやたらに使用し、異常が起きてもいけませんので服用しないようにしましょう。

ザガーロで薄毛改善

ザガーロは、プロペシアでは改善出来ない薄毛の治療に使用されます。有効成分のデュタステリドは2種類ある5αリダクターゼを阻害出来るため、頭部全体にまで広がったAGAの症状を改善し強い髪にしていく効果があります。処方箋医薬品ですので医療機関で手に入れるしかありませんが海外医薬品を販売する通販を利用することで、海外版ザガーロ(アボダート)やザガーロジェネリックを購入でき、とても安い価格で購入出来るため、費用に関しても心配は必要ありません。

ただし副作用の発現が高めであること、そして妊婦への影響もあるため扱いには気を付ける必要があります。しかしその点さえしっかりと把握していれば強い味方になることは間違いないでしょう。ザガーロで行う薄毛改善はまさに次世代。ぜひその効果を確かめてみて下さい。きっと満足出来ると思います。