ザガーロ(デュタステリド)で薄毛改善!通販でジェネリックがお得!

ザガーロとは?

ザガーロ

2016年6月、プロペシアと同じ作用を持つ新しいAGA治療薬である「ザガーロ」が発売されました。第二世代という呼び方もされ、脱毛の抑制・遅延効果を持ち発毛を促します。日本でも非常に有名なイギリスの製薬メーカー、グラクソ・スミスクライン社より販売され、プロペシアと比較すると「1.6倍の発毛効果」があるようです。

処方箋医薬品のため医療機関で処方されなければ手に入れられませんが、海外医薬品の通販を利用することで海外版のザガーロ(アボダート)を購入でき、しかも価格が安いためより薄毛対策もしやすくなるはず。さらにより価格の安いデュタスなど海外製ザガーロジェネリックも販売されていますので一層コストパフォーマンスを高める事が出来ます。

発売当初からもうすぐ1年が経ちますが、徐々にその知名度は上がり、今後はプロペシアに置き換わる可能性も高いザガーロ。AGAを遅延・抑止する効果や、使い方、副作用、そして通販でどのように購入すればいいかなどをこのページでは解説していきたいと思います。

有効成分のデュタステリド

ザガーロの有効成分はデュタステリドと言います。この成分はAGA治療のために開発された成分ではなく元々別の病気の治療に使われていました。それは前立腺肥大症で、薬の名称は「アボルブ」といいます。後にAGAを改善する効果が判明したため、改めてAGA治療薬として承認されました。肥大化した前立腺を小さくする効果、そしてAGAの原因を阻害し薄毛を改善していく効果という流れはまさにプロペシアと同じ経緯と言えるでしょう。

前立腺肥大症およびAGAの原因は、ジヒドロテストステロン(DHT)という名前のとても強力な男性ホルモンで、テストステロンから変換されます。それは5αリダクターゼという還元酵素により行われており、デュタステリドを体内に取り込むとその働きを阻害し、改善を図るのです。

前立腺肥大治療薬アボルブ

アボルブ

ザガーロはAGA治療薬として、そしてアボルブは前立腺肥大症に使われている薬です。有効成分は両方共デュタステリドで、製薬メーカーも同じグラクソ・スミスクライン社。先程も少し説明をしましたがアボルブを使う事で前立腺自体を小さくすることが出来るようです。

これまで使われていた前立腺肥大症の治療薬は筋肉や尿道に作用し、拡げることで症状である排尿障害を改善していくというものでした。しかし前立腺に直接作用するわけではないのでさらに肥大化する事もあるらしく結局元に戻ってしまうのだとか。しかしアボルブは前立腺を直接小さくしていきます。根本から直していくというわけなので、前立腺肥大治療薬としてもかなり注目されているのです。

即効性はありません。効果を得るためには継続して使用しなければならず、これまで処方されている治療薬と併用することがおすすめされています。次第に前立腺が小さくなってきたらアボルブのみで治療続けて大丈夫なようです。ただその店について注意が必要で前立腺がんによって肥大した場合にも作用するため、もし検査を受ける場合には使用している旨を医師にお伝えして下さい。

ザガーロの効果

ザガーロの効果

AGA、前立腺肥大症ともに発症の原因となるのがDHTという強力なホルモン。AGAの場合は髪の生え変わりであるヘアサイクルを乱すことで次第に薄毛になっていきます。そしてDHTの元となるホルモンはテストステロン。有名な男性ホルモンなので聞いたことがあるかと思うのですが、男性らしい体などを作るためとても重要な物質です。

ただテストステロン自体には脱毛を促す力はありません。ある過程を経てDHTに代謝されることで初めてその力を持つことになるのです。ということはその過程を邪魔すればAGAの発症は阻止出来る事になりますよね?ザガーロを使う事でそれは可能となり、薄毛に悩む事がなくなっていくのです。

有効成分デュタステリドが5αリダクターゼを阻害

DHTの生成に関わっているのが5αリダクターゼという還元酵素。ステロイドホルモンの代謝に関係している酵素で、そのうちの1つの働きがテストステロンをDHTに変換するというもの。通常男性の体内では少量存在しており、特に害はありません。しかしそのバランスが崩れ多量に生成されることでAGAを発症させてしまうのです。

そこでザガーロを使い対策をすればAGAは次第におさまってきます。有効成分のデュタステリドは5αリダクターゼの働きを阻害する力を持っているため、テストステロンの代謝が出来なくなり、次第にDHTの数は少なくなってきます。ヘアサイクル(髪の生え変わり周期)の乱れが止まり、AGA特有の弱々しい髪が新しい髪に変わることで健康な状態で生まれ変わるのです。

ザガーロによって正常なヘアサイクルになった髪はかつてのように、放っておけば長くなっていきます。またプロペシアで効果が出なかった方もザガーロであればAGAが改善され、薄毛から再びフサフサの状態を取り戻すことが出来るのです。実際にその試験データもあり、「1.6倍の発毛効果」を持つ薬として知られてきだしました。もしプロペシアで薄毛の改善を図ろうとしたにもかかわらずあまり効果が出なかったのであれば切り替えてみて下さい。

ザガーロとプロペシアの違い

ではなぜザガーロならばプロペシアで出来なかった薄毛の改善が出来るのか?という疑問が浮かび上がってきますよね。その理由はきちんと判明しています。それは5αリダクターゼを抑えられる数が違うため。実は5αリダクターゼには「1型と2型」の2つ種類がありどちらもAGAの発症に関わっています。その中で2型の方が脱毛に深く関わっており、前頭部や頭頂部に多く分布されているため薄毛の方はここが目立ってしまうのです。

1型はどこにあるかというと側頭部と後頭部の皮脂腺にあり、通常であればそこまでAGAには関わっておりません。しかし1型によっても薄毛になってしまいます。しかもプロペシアではそれを防ぐことが出来ないのです。もうお分かりかと思いますが、有効成分のフィナステリドは2型のみしか阻害出来ず1型の働きには作用しません。耐性が出来たからではなく、根本的な原因によって改善が進まなかたのです。

ですがザガーロの有効成分デュタステリドならば1型と2型を抑えられ、AGAによって起きてしまった薄毛の状態を改善することができるのです。また発毛効果もプロペシアより高く単体でもある程度の満足感を得ることが出来るでしょう。ただもっと髪を増やしたいのであれば、ミノキシジルを含有している育毛剤を使えばより薄毛改善が捗るはず。

では1型が関わっているAGAであった場合、どう判別すれば良いのか?そのサインは案外分かりやすいと思います。1型がどの部分に多いかを思い出してみて下さい。皮脂腺に多くあるため、皮脂の分泌が多ければその可能性が高いようです。頭皮が脂っぽくないですか?であれば、ザガーロを使ってみて下さい。劇的な改善が見込めるでしょう。

ザガーロの副作用

ザガーロの副作用

ザガーロの副作用はプロペシアとよく似ています。有効成分デュタステリドによる作用機序は5αリダクターゼの阻害。つまり男性ホルモンの生成が少なくなってしまうことでその弊害が出てしまう場合があるのです。しかもプロペシアよりもその発現率は高いようなのでちょっと気にかけてみてもらえればと思います。

まだ実証結果としては少ないようなのですが0.1mgを服用した場合は13%。0.5mgを服用した場合は15%と比較的高い数字が出ているので、これを十分理解してザガーロを使用していきましょう。これらの症状が確認された場合は医師に相談するなどして対策を立てて薄毛治療にあたって下さい。

男性機能の低下

男性ホルモンの生成が少なくなるため同じ作用機序を持つプロペシアのように男性機能の低下が多く報告されています。いくつかの症例がありますが最も多いものとしてはEDが挙げられます。いわゆる勃起不全のことです。うまく勃起が出来ないことで薄毛とは別のストレスが生じてしまいどちらの症状に対してもいい影響はありません。EDにはバイアグラなどの優秀なED治療薬がありますのでもしもザガーロでEDを発症してしまったら併用してみましょう。禁忌薬では無いので問題ありません。

その他には射精障害(無射精症など)や性欲減退、精子の質の低下、そして乳房の女性化などが挙げられます。最後の乳房肥大については男性ホルモンが少なくなり、女性ホルモンが優位になってしまったこと。そして肝臓への負荷がかかることで女性ホルモンの分解がされにくくなり起きるようです。

精神障害やその他の症状

男性ホルモンは気力にも関係しています。その量が少なくなってしまった場合、やる気が起きなくなる事があるようです。プロペシアではそれよりもさらに重度なものであるうつ病の発生も報告されていますが、ザガーロには今のところそれは無いようです。しかしどうにも精神的につらいかも、というフシがあれば医師に相談をするべきでしょう。

その他にも蕁麻疹や湿疹などが発生する皮膚障害や、肝機能が低下している方はよりそれが進行する可能性があります。プロペシアで注意喚起されているように使用していく中で肝機能障害を起こすという報告はされておりません。ただ、用心に越したことはありません。このケースの場合も医師との相談をして判断を仰げば余計な心配をしなくてもすむと思います。

ザガーロの服用方法や気を付けるべき点

ザガーロの使い方は至って簡単です。1日1回1錠、自身で決めた時間に服用します。0.5mgあるいは0.1mg錠のどちらも錠数は変わりません。またカプセル状なのでピルカッターで分割して服用するのはあまりおすすめ出来ません。決めた時間に服用する理由は体内のデュタステリド濃度を一定に保つため。それにより薄毛を改善していきます。

副作用の発現が気になる場合は、軽減をするためには3日に1回服用されている方がいるようです。実はデュタステリドの半減期(血中濃度が減る速度)はとても長いため継続して使用した場合、なかなか血中からなくなりません。そのような理由から2日、あるいは3日空けることで副作用の発現が低下するかもしれないのです。ただ実証されているわけではないのでその点は気を付けましょう。

ミノキシジルと併用して、より効果アップ

ザガーロとミノキシジルの併用

より発毛を促すためにミノキシジルとの併用をおすすめ致します。プロペシアよりも発毛効果の高さが特徴の1つでもありますがあくまでも原因を抑制する働きのほうがメインです。それが次第に強い髪を作り出すことに変化していくのですが、よりその効果を高め新しい髪を作り出すには特化しているミノキシジルが向いています。塗るタイプ(外用薬)かタブレット(ミノキシジルタブレット:飲み薬)をザガーロを服用する際に併用すれば良いだけなので非常に簡単です。薄毛をもっと効率よく改善するためにぜひ試してみましょう。

妊婦や新生児に対しては最も気を付けるべき

ザガーロもまたプロペシアと同じく女性への使用は禁忌です。DHTは成人男性の場合、過剰な分泌によりAGAの原因となるわけですが、胎児(男児)や新生児にとっては性器の発達などに関わる重要なホルモンであるためそれが抑えられてしまうと、十分な発育が出来なくなる可能性が指摘されています。つまり障害として残ってしまうのです。

まだその報告は一例も無いのですが、もしもそのようなことがあれば今後の人生を左右してしまうでしょう。後悔してもしきれませんのでもしも自身の妻が妊娠していたり、あるいは妊婦が近くにいる状況、そして新生児がいる場合はザガーロの使用は控えるべきです。

また女性にもAGAが発症する場合があり(FAGAといいます)、その場合は専用の薬を使用します。ザガーロはFAGAへのされていないため使ったとしても効果は望めません。そもそも原因も違うので当たり前です。それによって特に何か起きるわけでは無いのですがむやみやたらに使用し、異常が起きてもいけませんので服用しないようにしましょう。

ザガーロはこんな人に向いている

効果について説明をしたようにプロペシアでは薄毛の改善が出来ない方がザガーロに向いていると言えます。どうあっても5αリダクターゼ1型の働きを阻害出来ないためです。1型、2型両方の働きを阻害出来るザガーロであれば改善の兆しが見えてくる事でしょう。また発毛効果にしてもより期待出来るようなのでその点に関しても優れていると言えそうです。

1型が関係しているAGAを簡単に見分ける方法が「脂っぽさ」なので、頭皮がやけにベタベタすると思ったのであればザガーロを使用して下さい。脱毛しにくい側頭部や後頭部も薄毛になってきた場合もそうです。この部分には2型ではなく1型がそんざいしているため。ただ、分からない場合は医療機関で調べてもらえばどういったタイプかを判断してもらえるので始めから頼るのも1つの手と言えるでしょう。

購入は通販でザガーロジェネリックがお得

購入は通販でザガーロジェネリックがお得

一番最初にご説明したようにザガーロは処方箋医薬品のため、医療機関でのみ処方されます。薬局では販売されていないため必ず医療機関へ行かなければならないのです。しかし気になるのはその価格。AGAは保険適用されない病気です。そのため全額自身で負担をせねばならず、その薬であるザガーロも薬価未収載役であるため保険適用の対象ではありません。つまり診察代とザガーロの料金が合算されるので、風邪などで診察をしてもらう場合と比較すると非常に高いです。

料金は医療機関によって決められるためかなりの幅があるかと思います。ザガーロの価格の平均は8500~10000円です(0.5mg錠の場合)。かなり高いです。もちろん1ヶ月分の価格なのでなくなり次第また医療機関へ行き処方してもらう必要があります。近くにあるならば良いですが、少し遠いところにしか無い。あるいは近くにあるけど通院しているのが知られると恥ずかしいからわざと遠い医療機関へ行っている。という方もいらっしゃいます。

医療費の他に交通費なども考慮しなければなりません。薄毛は自身のコンプレックスになるものですがこんない苦労しなければならないのか、と嫌になって何もしたくないと思うときだってあるはず。しかし諦めなくても大丈夫です。ザガーロは通販で購入出来ます。しかも医療機関よりも安く。なぜならばジェネリックが販売されているためです。ずばり、その価格は処方される場合の10分の1。なぜそんなに安いのか?それについてもしっかりと説明をしていきましょう。

通販とは?また購入する際の価格

現代は様々な通販サイトがあります。化粧品や服、日用品ですら今は通販で購入する時代。もちろん薬も通販で購入出来ます。しかしザガーロのような処方箋医薬品は国内の通販では販売することが認められていません。ではどのようにして購入するのかというと、それは「海外で販売されている薬」を購入するのです。

個人輸入として扱われ、海外で一般的に販売されている薬であれば処方箋が無くても購入出来ます。海外では「アボダート」という製品名で販売されていますが、サイト内には検索窓がありザガーロでも見つかるはず。製品の説明欄に記載されているからです。実はAGA治療薬として認可されているのは日本を含めまだ少なく、アボダートは前立腺肥大症の薬として世界では認知されているので、アボルブの海外版と言えばいいでしょうか?

また国内よりも安い価格で販売されており、医療機関の半額程度で手に入れられます。どうでしょう、通販もなかなか魅力的ではないでしょうか?さらにより安価なジェネリックも購入でき、驚くような価格で販売されています。

ザガーロジェネリックとは?

そもそもザガーロジェネリックとは一体何なのでしょうか?つい最近発売された薬なのになぜ?と疑問に感じる事でしょう。ご存じの方もいらっしゃると思いますが、薬には特許期間というものが設けられています。簡単に言えば開発・販売メーカーのみがその成分(つまりデュタステリド)を使用できるという権利です。なぜそういったものが設けられているかというと単純に開発費用の回収と新たな成分の開発費用、そして利益のため。

特許期間は20年、さらに5年延長することができ、それが無くなることで本来はジェネリックの製造が認められております。その販売にも厳しい審査をクリアせねばならず意外とハードルが高いのです。ただ人気の薬であれば売れる見込みが高いので各社こぞってジェネリックを販売するという傾向があります。プロペシアは2015年特許が切れたため国内製のジェネリックを見かける機会が多いです。

国内、及び各国ほぼ同じ流れでジェネリックが製造されるわけなのですが例外の国もあります。代表的な国がインド。各国の圧力により特許期間の中で最も重要な「物質特許」という有効成分に対する特許が2005年まで認められていませんでした。そのため作り方さえ変えれば別の薬としてみなされ、多くのジェネリックが製造されていたのです。以後、一応は特許期間が設けられている形にはなりましたが、未だにかつての慣習が残っており、新しい成分に対しても半ば強引にジェネリックの製造が続けられています。ザガーロジェネリックもその一例なのです。

それはさておき、インドは世界の中でも有数のジェネリック製造国でかなり品質が良く、おまけに価格がとても安いと評判です。貧困層の多いアフリカ諸国を始め欧州やアメリカへも輸出しており4割程度はインド製のジェネリックを使用していると言われています。そのため通販で販売されるザガーロジェネリックも安心して使えます。その製品ラインナップも徐々に増えてきており選ぶユーザーにとってはうれしくもあり迷う事もあるはず。そこでおすすめの製品をいくつかご紹介しますので参考にしてみてはいかがでしょうか?

デュタス

デュタス

インドを代表する製薬メーカー、ドクターレディーズ社より販売されているデュタス。有効成分はもちろんデュタステリドです。ザガーロと変わらぬ効果を得られ、かつ価格の安さからザガーロジェネリックの中では1,2を争うほどの人気を持っています。その価格は1錠あたり80円から購入でき、1ヶ月分2500~3000円前後で購入出来ます。アボダートよりもさらに安いのでこちらを買われる方も多いのだとか。

医療機関で処方される場合と比べるとかなりの差が出てきますので、通販、そしてザガーロジェネリックという選択は薄毛改善のコストパフォーマンスをグッと引き上げてくれる方法です。もちろん医療機関も医師からアドバイスや様々な情報が得られるため悪くはありませんが、しっかりと使い方を把握した上で購入されるのであれば間違いなくデュタスの選択がおすすめと言えます。

アボダート

アボダート

先程例としてあげたアボダート。海外では前立腺肥大症のみの治療薬として承認されているため、AGAに対しては自己責任として扱われるような形です。日本ではしっかりとアボルブとザガーロの適応症状は分けられており、医療機関ではそれぞれにあった形で処方されています。製造・販売はグラクソ・スミスクライン社で、もちろん有効成分はデュタステリド。

アボダートは海外でしか販売されていませんので、自身で個人輸入をするか通販で購入(こちらも個人輸入)しなければ手に入れられません。0.5mg錠1ヶ月分の価格は4500~5000円前後で、医療機関よりも安く購入する事ができ大変お得です。アボルブもザガーロも保険適用されない薬のため1ヶ月分処方してもらうとなると高額になるので、費用を抑えるのであれば断然アボダートがおすすめ!

デュプロスト

デュプロスト

インド国内及び世界でも良く名が知られているシプラ社という製薬メーカーから販売されている「デュプロスト」。ザガーロジェネリックの中でも比較的価格の安い製品です。先程ご紹介したデュタスよりも安価なので、よりコストパフォーマンスを重視されたいのであればチェックしておきましょう。

その価格はといいますと1錠あたり70円~90円前後であり、100錠単位で販売されているため3ヶ月使用出来ます。通販では多くの錠数を購入することで1錠あたりの単価が下がるのですが、デュプロストの場合一番多い錠数が300なのでこれを選択すれば3ヶ月分が7000円前後まで下がるのでとてもお得にデュタステリドの効果を得られます。

安いため効果に不安を覚える方がいるかもしれませんが、シプラ社は世界10カ国に製薬施設のある企業で、それぞれの国で承認されているほどなので品質は非常に高く安心して使用出来ます。先程もご説明しましたがインドはジェネリック製造に長けた国です。通販で販売されている製品の安さばかり目がいきがちですが、その点についてもしっかりしています。

ザガーロで薄毛改善

ザガーロは、プロペシアでは改善出来ない薄毛の治療に使用されます。有効成分のデュタステリドは2種類ある5αリダクターゼを阻害出来るため、頭部全体にまで広がったAGAの症状を改善し強い髪にしていく効果があります。処方箋医薬品ですので医療機関で手に入れるしかありませんが海外医薬品を販売する通販を利用することで、海外版ザガーロ(アボダート)やザガーロジェネリックを購入でき、とても安い価格で購入出来るため、費用に関しても心配は必要ありません。

ただし副作用の発現が高めであること、そして妊婦への影響もあるため扱いには気を付ける必要があります。しかしその点さえしっかりと把握していれば強い味方になることは間違いないでしょう。ザガーロで行う薄毛改善はまさに次世代。ぜひその効果を確かめてみて下さい。きっと満足出来ると思います。