新しいAGA治療薬として大きな注目を集めるザガーロ。その期待通り、脱毛抑制・遅延効果が高く薄毛を阻止できます。

ミノキシジルの薄毛対策室

ザガーロの効果・副作用

2016年、久しぶりに新しいAGA治療薬が発売されました。それが「ザガーロ」です。あのグラクソ・スミスクライン社より販売されており、プロペシアと同じ脱毛の抑制・遅延効果を持ち発毛を促す薬として大きな注目を集めています。しかもその効果はプロペシアと比較すると1.6倍も上だと言います。なぜなのでしょうか?それには主成分が持つ作用に秘密があるのです。

ザガーロの経緯

ザガーロの主成分は「デュタステリド」と言います。実はすでに「アボルブ」という前立腺肥大のための治療薬として使われている成分なのですが、AGAにも効果があるとして海外では先に使用されていました(海外はザガーロではなくアボダートという名称で販売)。
日本では2015年に承認されていたのですが、遅れが生じてしまい2016年の6月にようやく発売されるに至りました。今か今かと待ち望んでいた方にとってようやく発売され、ホッとした方も多いのではないでしょうか?プロペシア以上に現在注目されているAGA治療薬と言えるでしょう。
お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、経緯としてはプロペシアとよく似ています。こちらも前立腺肥大などの治療に使われている薬を転用し、AGA治療にも使用しています。ということからも分かるように、大きな原因である5αリダクターゼを阻害し、テストステロンと結びつくことを防ぎます。それによりヘアサイクルを乱す強力なホルモン(ジヒドロテストステロン)へと変化させないため、脱毛が起きにくくなるのです。

ザガーロの効果

そして気になる点がなぜプロペシアよりも効果が高いのか?という点でしょう。それについては5αリダクターゼの抑制に答えがあります。実は「1型」と「2型」、2種類あるのです。ご存知でない方も多いかと思います。私もザガーロについて調べるまでは知りませんでした。
脱毛に強く関係しているのは「2型」になります。毛乳頭内に多くあり、特にAGAの症状が出やすい生え際や頭頂部などに存在しています。そのため特徴的な脱毛の仕方をするというわけです。プロペシアによって抑えることでこれまで多くの方が救われてきたとは思います。しかし「1型」には作用しないため、効果があまり出ない方も中にはいます。
5αリダクターゼ1型を抑えることで、より効果がアップ
そういう方は1型による影響を受け薄毛・脱毛の症状が出ている可能性が高いです。1型は皮脂腺に存在しそれは全身に存在します。そしてAGAの症状としては側頭部や後頭部など割と脱毛が起きにくい部分に見られるのが特徴です。そういった場合ザガーロを使うことで大きく改善が図れます。
もちろんザガーロは脱毛に影響の強い2型にも作用しますのでより抑制が出来るはず。それがやがて「1.6倍の発毛効果」として現れてきます。ですのでまずは自身がどのような状態なのかをしっかり把握して下さい。薄毛の状態によりある程度どのタイプなのかは見極められるかと思います。
人よりも皮脂が多く分泌されていると思った場合(皮脂腺が影響しているため)、脱毛の起きにくい後頭部などが薄くなっている場合はザガーロを使用してみましょう。もし自身がどのような状況か分からなければ医療機関で相談という手もありです。確実な原因を知り、適切な治療薬を使って脱毛の悩みを解決していって下さい。