ハゲてしまうのは必理由があり、改善する為にはその原因を知ることが大切です。

ミノキシジルの薄毛対策室

薄毛の原因

なぜ、男性はハゲてる人が多いのでしょうか?

しかも若いうちに額や頭頂部が薄くなってしまう人も多いです。
AGA(男性型脱毛症)という男性特有の症状があります。
実際に女性より男性のほうが禿やすいというのが事実です。
もちろん遺伝的要素はあるのですが、それだけではありません。
なぜなら、遺伝だけですと、親は薄いのに息子はずっとふさふさだという方もいらっしゃいますし、もちろん親はフサフサなのに息子は薄いなんて方もいらっしゃるのはおかしいということになります。
【ストレスによる薄毛】
ストレスは様々な病気をもたらしますが、AGAもあてはまります。
精神的ストレスにより、ホルモンのバランスが悪くなり、色入りな症状を起こし、AGAも引き起こす場合もあります。
【食生活による原因】
現代の食生活は高コレステロールのものを摂取する機会が多いです。
血行の流れなどが悪くなりますし、髪の毛にいい栄養分が摂取出来てないなどあり、髪の毛は健康のバロメーターともされてます。
例えば、大麻などの検査で髪の毛から検査します。
髪の毛で反応を調べるので、髪の毛にも栄養などがいきわたってるのがよくわかります。
食べてるもので変わりますので、気になる方は髪の毛に良い食事をしましょう。
【男性ホルモンによる原因】
これが影響で薄くなっててしまう方がほとんどです。
テストステロンという元々の男性ホルモンが、5a-還元酵素というものにより、DHT(ジヒドロテストステロン)に変換されます。
これのせいで、髪の毛のサイクルが通常より短くなってしまいます。
髪の毛が成長しきれなくなってしまうと、細いコシのない毛になってしまいます。
そのせいでその部分は薄く見えてしまいますのでハゲて見えます。
そして、毛穴が休止期に入り、全く生えてこなくなってしまうというわけです。

では、その休止期に入った毛穴は全く発毛できなくなってしまうのかと言ったらそうではありません。
先ほどの5a-還元酵素を阻害することにより、DHTに変換させることができなくなるので、通常のヘアサイクルに戻すことが可能です。
それにより、休止期に入ってしまった毛穴から発毛できたり、コシのなかった髪の毛が成長してくれるということになります。
現在では治療薬もあり、予防することによりAGAの進行を止める事も可能となっています。


女性の脱毛症についてはこちらをご覧ください。