ミノキシジルタブレットは効果、副作用ともに高いAGA治療薬です。それぞれの作用を知る事で薄毛改善の心強い味方となるでしょう。

ミノキシジルタブレットは副作用のリスク・効果も高い育毛剤

ミノキシジルタブレット

ミノキシジルを配合する育毛剤(外用薬)を使っていても効果に不満のある方、もしくはAGAの進行が著しい方はもうひとつの形状である内服薬を使ってみて下さい。一般的にミノキシジルタブレット(略してミノタブ)と呼ばれています。薄毛治療において、最後の手段とも言えるAGA治療薬です。

体の中からミノキシジルが効果を発揮するので、外用薬よりも遥かにその恩恵を受ける事が出来るので、より一層発毛を促す事が可能です。とは言うもののまずは外用薬から始める事をおすすめします。その理由は効果も強いが副作用のリスクも高いためです。効果も高いが副作用のリスクもある。良く効く薬であれば避けては通れません。

副作用で最も報告の多いのが「多毛症」。発症しても体毛が濃くなるだけですので、そこまで心配する事はありません。しかし「過度な血圧の低下」や「心臓のリスク」も副作用として報告が挙がっており、多毛症よりも危険性が高いと言えるでしょう。

また、むくみや体重の増加、さらには勃起不全(ED)などの性機能障害が起きる可能性もあります。このようにいくつも副作用があります。まずはその中で特に気を付けたいものについてそれぞれ説明してみようと思います。ミノキシジルタブレットを使われるのであれば必ず知っておきましょう。