ミノキシジルタブレットは効果、副作用ともに高い育毛剤です。それぞれの作用を知る事で薄毛改善の心強い味方となるでしょう。

ミノキシジルタブレットを有効活用して薄毛改善

ミノキシジルタブレット

ミノキシジルを配合する育毛剤(外用薬)を使っていても効果に不満のある方、もしくはAGAの進行が著しい方はもうひとつの形状である内服薬を使ってみて下さい。一般的に「ミノキシジルタブレット(略してミノタブ)」と呼ばれています。薄毛の方には最後の手段とも言える育毛剤です。

ただしミノキシジルタブレットは副作用が現れやすいのが難点で、少しでも体の不調を感じられたら一旦使用をやめ医療機関へ行きましょう。よく起きる多毛症(髪以外の体毛が増える現象)であればさほど問題はありませんが、むくみ・疲労・動悸などが起きたのであれば要注意です。

とは言いましても副作用に注意をすれば非常に心強い味方になるのは間違いありません。リスクを下げる方法もありますし、なによりその効果は何ものにも代えがたいのです!手に入れる方法は通販がとても便利。なぜならかなりコストカットが出来るのでおすすめ。有効活用していきましょう。

ミノキシジルタブレットの副作用を十分理解しよう!

ミノキシジルタブレットの副作用

体の中からミノキシジルの作用が発揮されるので、外用薬よりも遥かにその恩恵を受ける事が出来るミノキシジルタブレットはより一層発毛を促す事が可能です。しかし最初は外用薬から始める事をおすすめします。その理由は効果も強いが副作用のリスクも高いためです。良く効く薬であれば避けて通れません。

その中で良く起きるもの、気を付けたいものについてそ説明を行います。ミノキシジルタブレットを使われるのであれば必ず知っておきましょう。

多毛症

多毛症はミノキシジルタブレットの副作用で最も多いです。どのような症状が起きるのかというと、全身の体毛が増えて濃くなります。外用薬とは違い、体内から全身にミノキシジルが行き渡るためといえるでしょう。髪はもちろん、髭や腕毛、脇毛、胸毛、すね毛などそれはあらゆるところに至ります。

ほぼ確実に起きる」と言われているので、ミノキシジルタブレットで薄毛改善をお考えであれば完全に割り切った方が良いかもしれません。多毛症が嫌であれば恐らくは外用薬を使われている方がほとんどでしょう。ちなみに使うのをやめれば直に体毛も少なくなっていくそうです。それに伴い抜け毛の量も元に戻るかもしれないので、その点は気を付けておいて下さい。

低血圧を招く

血圧が正常値より低めの方は、ミノキシジルタブレットの作用によって、低血圧を引き起こす可能性があります。ミノキシジルというのは血管の拡張作用を持っています。この作用により育毛・発毛を促すわけなのですが、血管が拡がることで圧力が弱まり、血圧を下げてしまう事もあるのです。

軽度な症状としてはめまい、たちくらみ、頭痛、体のだるさなどが起きる・感じるのであれば低血圧が起きていると思われます。改善が無ければ不整脈など循環器系にも影響が起きるので一度使用を中断し、医師の診断を受けた方が良いでしょう。

循環器への影響

ミノキシジルタブレットで最も気を付けたい副作用は循環器への影響でしょう。こちらもまた血管拡張作用により起きる副作用で、まずは動悸が起き息苦しさを感じてしまいます。これを放っておくと狭心症や心筋梗塞にも発展する可能性もありかなり危険です。

動悸はミノキシジルタブレットを使い始めたときにも起きると言われており、続けるうちに治まっていくと言われています。しかし続くようであれば一旦服用を止めて医師へ相談をするようにして下さい。リスクを下げるには服用回数と用量を守る事が重要です。

初期脱毛

初期脱毛は外用薬でも起きる副作用です。しかしこちらは良い方向に捉えるべきものですし、量が多かれ少なかれ必ずと言っていいほど起きます。その理由はAGAが起こすヘアサイクルの乱れによって休止期の髪が多くなるのが理由です。後は抜けるだけの状態で、いわば細胞の死んだ髪といえるでしょう。

ミノキシジルタブレットで発毛が促され、新しい髪が毛穴から出る時に休止期を迎えた髪を押し上げることで抜け毛として現れます。「育毛剤を使っているのに抜け毛が増えた!」という方は、休止期の髪が一度に抜けるためです。

それにより頭皮がより薄くなってしまうかもしれませんが、しばらくすると産毛が確認されることでしょう。ミノキシジルタブレットを使い続けることでいずれは太く抜けにくい髪へと成長していきますのでご安心下さい。ちなみに使い始めてから1~2ヶ月の間に起き、約2週間ほど続くようです。

その他起きる可能性のある副作用

その他に起きる副作用はむくみ、吐き気やそれに伴う嘔吐、稀に性機能障害も起きます。むくみもまたミノキシジルタブレットの作用により起きやすい症状です。ひどいときには顔がパンパンに膨れる事もあるそうなので、おさまらない場合は使用を一時中断することでおさまります。有効な解消方法は利尿剤と一緒に使うことで発生をかなり抑えられるのでお困りであれば併用してみましょう。

性機能障害は勃起不全(ED)や性欲の低下などの事です。ミノキシジルタブレットと同じ育毛剤である、プロペシア、もしくはザガーロの副作用として知られています。AGAの主な原因であるDHT(男性ホルモンの一種)を抑えるために起きてしまうのです。しかしミノキシジルには抗アンドロゲン作用(男性ホルモンを抑える働き)はありません。なぜ性機能障害が起きるのかは不明のようです。

ミノキシジルタブレットの効果

ミノキシジルタブレットの効果

ミノキシジルタブレットは副作用に気を付けなければならない育毛剤です。しかしそのデメリットを加味しても尋常ではない育毛・発毛作用を備えています。実はミノキシジルは吸収率がそれほど良くない成分です。そのため外用薬は吸収されやすいよう様々な工夫が凝らされています。

しかしミノキシジルタブレットに関して言えば体内から作用するので、ダイレクトに効き目が現れ、頭皮で吸収するよりも遥かに効率が良いのです。ただし即効性はありません。ミノキシジルタブレットの効果を実感するためには外用薬と同じく半年は使います。早い方であれば3~4ヶ月で見え始めるようです。

抜け毛を止める効果はありません

ミノキシジルタブレットは育毛と発毛促進に特化しています。AGAにより薄毛になってしまったのであれば必ず使わなければなりません。毛根が死んでいない限り髪を生やす事が出来るためです。しかしその薄毛になる過程、つまり「抜け毛予防」で言えばそこまで効果を発揮しません。

確かに髪が強くなり抜けにくくはなります。しかしAGAの原因であるホルモンを抑える作用は皆無です。それにより結局は抜け毛が起きてしまうので、AGA治療薬のプロペシアザガーロと一緒に使う事をおすすめ致します。

これらはホルモンを抑える作用を持ち、抜け毛を遅らせる・止める効果を持っています。ミノキシジルとの相性も良く、お互い強く作用し副作用のリスクを高める事もありません。なるべくこの組み合わせで薄毛改善を行った方が成功率は高いように思います。

頭皮を清潔に保つ事も重要

ミノキシジルタブレットを使う、あるいは先述したプロペシアやザガーロなど男性ホルモンを抑える薬との併用で薄毛改善に取り組んでも「頭皮を清潔」にしていなければ意味がありません。AGAを発症されている方は非常に頭皮がデリケートな状態なのです。

特に皮脂のコントロールは大切で、ありすぎても無さ過ぎても頭皮トラブルを起こしてしまいます。適度に除去しなければなりません。そこで頭皮ケアシャンプーを使い優しく洗い上げる事が大切です。市販されているシャンプーは洗浄力が強く皮脂を余分に落としてしまうので、少し高めですがアミノ酸系シャンプーをおすすめします。

ミノキシジルタブレットは通販で買うのがお得!

ミノキシジルタブレットの効果

それでは実際ミノキシジルタブレットを使うため、どのような方法で入手すればいいのでしょう?ずばり、他の育毛剤と同じように通販か医療機関で購入しましょう。外用薬のように薬局では販売されていません。また、医療機関で処方される場合も保険適用されないためかなりの金額となります。

そのため効率よく手に入れる方法は通販を利用するのがおすすめです。なぜならば注文はネットで済ませられるため医療機関へ行く時間、そして諸費用をカット出来るという点。なによりもミノキシジルタブレットがかなりお手頃価格で手に入れられる点でしょう。

続けられやすい価格

例えば最も人気の「ノキシジル」は5mg100錠の価格が3600円。通販の特徴として数量の多い方を選ぶと価格が安くなるので、5mg300錠を選ばれた場合8640円(一箱あたり2880円)になります。ミノキシジルタブレットも長い期間使う必要のある育毛剤です。このようにコストカットが出来るのは嬉しいですよね?

医療機関だとオリジナルの錠剤と称して処方される事が多く、1ヶ月分で8000円~と非常に高い価格です。また国内でミノキシジルタブレットを製造している製薬メーカーはありません。そのため個人輸入(あるいは通販でも?)を利用して入手をしているところも多いのだとか。

それならば自身で安価に購入出来る通販を利用された方が断然継続しやすいです。ただ利用する場合は効果と副作用をしっかりと把握して購入をしましょう。また本当に今必要かどうか?などの見極めもして下さい。判断がつかない時は医療機関に頼るべきだと思います。医師に見てもらってその次から通販を利用するというのも1つの手として有用なのです。