薄毛の方でもちょっとした工夫によりカッコいい髪型を作ることが出来ます。

ミノキシジルの薄毛対策室

ハゲ頭から髪が生えてくるまでの管理人の奮闘記

30代の前半から頭皮に髪が無くなり始めました…。
気にしていたもののいずれは無くなると思ってケアなどはせず放置の状態を続け40を迎える頃には額の生え際はガッツリ後退していき、頭頂部のハゲとつながる勢いでした。
ここから薄毛との格闘の日々が続きました。

自分がAGAであることはクリニックで診てもらい分かっていた事なので、プロペシアの処方を受け、ミノキシジルが入っているという育毛剤のリアップをドラッグストアで購入して薄毛治療をいざ開始しました。

・1日目
プロペシアは1日に1錠なので服用し、朝と晩に分けて育毛剤を頭皮に塗り1日目は終了です。

・2日目
何も変化は起きていません。

・1週間
そろそろ変化があっても…と思いましたが、うんともすんとも変化はありません。

・1ヶ月目
あまりにも何も変化が無いので、思わず医師に電話してしまいました。
回答は「そんなスグに効果はでないですよ。最低でも3ヶ月から半年はかかる」と言われ、安心したような安心できない様な不安な気持ちでいっぱいでした。

・3ヶ月目
頭皮に希望の光が見えてきました。
うぶ毛のような髪が頭皮に僅かながら生えてきたのでこのタイミングで再度、薄毛治療に燃えてきました。
この調子で使えばもしかするとふさふさになる日も近いと思い、うかれていました。

・4ヶ月目
はじめに生えたうぶ毛たちもしっかりと髪らしくなってきたものの、まだまばらなので鶏のヒナみたいな状態です。
確実に増えてはいるので、根気強さが試されていると自分を奮い立たせ治療を継続。

・半年目
この時が一番、薬を使ってて良かったと思ったかも知れません。
毎日鏡で自分の髪をチェックしていると、見慣れているせいか些細な変化には気付きませんでしたが、この時点で髪を取り戻す事ができると確信しました。

・8ヶ月目
そろそろ髪型を変えてもいいかなって思えるほどに髪が生えています。
効果はあった。
外見に自信が出てきたのもこの時です。

・1年目
不安だから薬の継続はしているものの、もう管理人にとっては十分なほど生え揃ってきました。
後、少し治療を続けたら薬の使用はやめようと決意しました。
管理人にはどちらの薬もあっていたみたいで、十分過ぎる効果を発揮しました。
医師に聞くと「かなり良い成果が現れている」とのことで、大成功らしいです。
薬や医師の助けも大切ですが、治療を続けようという熱意も無ければ1年以上続ける事はできなかったはずです。


プロペシアの詳細についてはこちらをご覧ください。