男性だけでなく女性にも増えている脱毛症。こちらでは女性の脱毛症の種類や原因を紹介しています。

ミノキシジルの薄毛対策室

女性の脱毛症

頭が禿げてしまうのは男性だけだと思っていませんか?
圧倒的に髪の薄い人は男性に多いとされていますが、女性も安心は出来ません。
女性で冷え性の人は多いですよね。その血行の悪さが薄毛を招いてしまうかも知れませんよ。
女性に起こる脱毛症の原因はホルモンの崩れ血行が悪いことの2つになります。
幾つかの症状があるので代表的なものを原因と症状を加えて書いていきますので参考になればと思います。
【女性男性型脱毛症】
非常に言いづらい症状ですが、これはFAGAとも呼ばれ男性の人に多いAGAの女性版と言えます。これは男性ホルモンが原因となって発症する脱毛症です。
「男性と同じAGAでいいのでは?」と思いますが、男女で症状の現れ方が違うので区別する為に少し言いづらいですが名前を変えています。
これはびまん性脱毛症ともいい、このびまんとは一面に広がるという意味を持っています。
男性は前頭部や頭頂部が薄くなりますが、女性は全体的に髪が薄くなっていき女性の中では最も多いとされています。
【円形脱毛症】
名前の通りで円形に髪が抜け落ちてしまいます。10円ハゲと表現されることもあります。
これは女性に限らず男性にも起こりますし、年齢も老若男女問わずに起こるのが特徴です。
この原因の多くはこころの問題によって起こるとされているのでストレスなどがきっかけとなっている事が多い様です。
面積が小さければし自然に治癒するとされていますが、円の面積が大きくなったり、度重なる再発は治療が必要となることも有ります。
【牽引性脱毛症】
髪の長い女性に多く見られます。髪を引っ張る(牽引)行為が長い間に渡って行われる事で起こり、女性ならではの脱毛症と言えるかも知れません。
ポニーテールにしたり、髪をきつくしばり過ぎてしまうと毛根がダメージを受け、分け目や生え際が薄くなってしまう事が有ります。
【分娩後脱毛症】
妊娠や出産が出来る女性だけに起こります。
妊娠中や出産時にホルモンのバランスが崩れる事で、一時的ですが髪が抜ける様になる事があり通常は1年とかからずに治癒すると言われています。
ですが、高齢出産となると治癒までに時間がかかってしまう事や完治しない事も有ると言われています。
「私は女だからハゲない」なんて事も言っても言われません。
特にFAGAになる人は増えてきているので、安心している場合じゃ無くなるかも知れませんよ。


男性の脱毛症に関してはこちらをご覧ください。