育毛のサポートにとても役立つサプリをご紹介致します。ただむやみやたらに使っても効果が高まるというわけではありません。

髪に良いサプリを使い育毛のサポート!

髪に良いサプリを使い育毛のサポート

育毛剤と言えばミノキシジルを配合しているロゲインを始め、ツゲイン、ポラリス、カークランド、リアップx5プラスなどの外用薬(塗るタイプ)が。そして飲むタイプのミノキシジルタブレット(ロニテンやノキシジルなど)があり、摂取の方法や製品の種類がとても豊富です。そして毎日使い続ける事によって発毛・育毛が促されていきます。

ミノキシジルについて

単体で使用しても薄毛改善に役立つのですが、さらにその効果を高める方法があるのです。それはサプリ(サプリメント)を一緒に使う事。プロペシアやザガーロなどの抜け毛予防に長けた、いわゆる5αリダクターゼ阻害薬ももちろんAGA治療、薄毛改善のため非常に役に立つので併用を前提にしてもらいたい方法です。

しかし髪の元になる成分はミノキシジル、プロペシア、ザガーロに入っておりません。そこでサプリが役立つのです。単一の成分であったり、あるいはマルチビタミンやマルチミネラルなど複数の成分が配合されていたりとても種類が多いです。そこでこのページでは育毛の役に立つサプリをご紹介したいと思います。ただし色々な成分が入っているサプリではなく、単一の成分のサプリについて限定させていただきます!

そもそも髪とはどのような物質で出来ているか?恐らくご存知でしょう。「タンパク質」ですね。とはいえ実はタンパク質は1つの物質ではなく、いくつものアミノ酸が重合して出来ています。単純な様で実はかなり複雑なのでタンパク質そのものについては割愛しますが、髪を構成しているタンパク質は「ケラチン」です。髪を作る、成長を促すためには最も重要と言えるのですが、直接摂取をする事は出来ません。

どうすればいいのかというと体内で合成されなければ作られません。元になるタンパク質やケラチンを生成するために必要な成分を取ることが髪を作るための大前提。そしてミノキシジルを使う事で育毛が促進され、5αリダクターゼ阻害薬との併用によって抜け毛を減らす事が出来るので、薄毛の改善が大きく前進するのです。

育毛に効果のある成分は亜鉛やリジンなどが有名で、恐らくAGAでお悩みの方は聞いたことがあるでしょう。現代人には不足気味な成分なので、健康増進にも役立ちます(もちろん過剰摂取は意味がありませんが)。これ以上知識をひけらかすとまた話が脱線してしまうかもしれないので、これより亜鉛が育毛に役立つ理由から説明していきましょう。

亜鉛でケラチンの生成を促す

亜鉛でケラチンの生成を促す男性

まず薄毛の改善で思い浮かぶ成分といえば亜鉛ではないでしょうか?ミネラルの一種で皮膚を健康に保つ役割や生殖機能を高める、味覚を正常に保つ、といった働きを持っています。そして髪そのものといっても過言ではないケラチンの生成をするのも亜鉛の働きがあってこそ。タンパク質が分解されるとアミノ酸になるわけですが、そこからケラチンを作り出すのが亜鉛。

不足すれば当然、髪にも影響が出るといっても良いのではないでしょうか?しかも現代人にとって、亜鉛は不足しがちな成分としても有名です。インスタント食品、ジャンクフードなどで食事を済ませると亜鉛の摂取があまり出来ません。ストレスや喫煙、疲労などでも消費されるので常日頃から意識するべき成分でしょう。

しかし普段からの食事ではそうそう取ることが難しい!そういう時こそサプリの出番です。亜鉛サプリは健康増進のためにも役に立ちますし、育毛のためにも役に立ちます。一石二鳥ですね。ただサプリで摂取する場合は過剰摂取になる事も多いのでご注意下さい。1日の摂取量は12mgが推奨され、上限は40~45mgのようなので超えないように気を付けましょう。ただ育毛のためにサプリを使う場合は毎日20mgを目安にしましょう。

亜鉛サプリの効率的な取り方

当然ながら亜鉛を摂取するだけで髪を増やすことは出来ません。まずタンパク質が分解され、アミノ酸を増やすことが必要なので、しっかりとタンパク質を取る必要があります。また亜鉛は吸収率が低いので、ビタミンCと一緒に取ると吸収率が高くなります。キレート加工されているサプリでも良いでしょう。こちらもまた吸収率が高くなっています。国産よりも海外製のサプリのほうがキレート加工の性能が高いのでおすすめです。

そして忘れてはならないのがミノキシジルと、プロペシアもしくはザガーロと同時に使用をする事です。髪の生成を促し、発毛・育毛、そして抜け毛予防というこれ以上ない方法で薄毛を改善していけばフサフサの髪が戻ってくることでしょう。

リジンはミノキシジルと相性が良い

続いてはリジン(L-リジン)について。近年、リジンと育毛に関する記事や評判を良く聞くことと思います。もちろんそれは当サイトも例に漏れないわけですが。それはともかくとして、なぜリジンがこんなにも注目されているのか?その理由などをご説明していきましょう。

リジンは必須アミノ酸の一種で、体内で合成をする事が出来ません。そのため外部から取り入れなければならないのですが、そのためには動物性タンパク質を取る必要があります。アミノ酸はタンパク質が分解されたものなので野菜よりも肉や魚に多く含まれているのです。リジンの役割としてはコラーゲンの合成、タンパク質やカルシウムの吸収を促進する役割があります。どれも育毛に繋がるので、積極的に取る必要がある成分と言えるでしょう。また、育毛と同じように有名な効果として免疫力を高めるとされ、特にヘルペスの再発予防に使われる事が有名です。

亜鉛と同様、食事から取ることが最も良いですがリジンも不足しがちなアミノ酸と言われているので、サプリを有効に活用することをおすすめします。1日の摂取量は2100mgが推奨されており、サプリでは1錠に1000mg配合の物が多いので2~3回に分けて飲むと良いでしょう。アミノ酸ですから副作用はありませんが、過剰摂取はなるべく控えるようにして下さい。未だ確認されていないだけで何かが起きてしまう可能性も否めないためです。

リジンは必ずミノキシジルと使うこと

育毛のためにリジンを使う場合、ミノキシジルやプロペシアなどのAGA治療薬と使う事で、よりその効果が高まる事が分かっています。併用する事で吸収率が高まるという研究結果が出ています。イギリスにあるバイオサイエンティフィック社という企業がアメリカで特許を取得しているため、信憑性はかなり高いでしょう。

ミノキシジル+プロペシア、ミノキシジル+ザガーロという組み合わせはこれまで幾度となく当サイトでもおすすめをしてきました。さらにリジンもプラスして、より抜け毛の予防と育毛を促進させ髪を増やしていく方法が今後のスタンダードになってくるのではないでしょうか?